Friday, 23 March 2018

ヴェニス便り-2-

今日はユーロスターでブラッセルズへ。
ホリデーから帰ってきたら、どうせ、忙しくてめちゃくちゃになっているかと思って、昼過ぎのユーロスター便をとっていたので、そして、雑務を昨日中に片付けてしまったので、ほんの少し時間ができた。
この合間に、ヴェニス便りの最終日分を、ミニ標本箱でUPすることに。



(複数枚入ってます。
カーソルを近づけると現れる右側の矢印をクリックで繰ってください)

8日目最終日は、朝にアパートを片付けて、
鍵を管理しているガラス会社の受付に返却して、荷物を預ける。
フライトは夜8時過ぎてからなので、充分時間がある。
まず、ぶらぶらGalleria Giorgio Franchetti (ジョルジョ・フランケッティ美術館)に向かう。
Ca' d'Oro(カ・ドロ)という、グラン・カナルに面した、
15世紀のお屋敷が、美術館として使われている。
ルネッサンス絵画にヴァン・ダイクなどオランダ絵画も入っている。

私的には、絵画もだけれど、ここの15世紀屋敷を内側から見るのが目的。
ここの一階(トップページ)は、タイルのフロアが見事なんだけれど、
連日高潮時には水面下になっている・・・。

ここのテラスで、唯一のリフレクション・セルフィー。
自分を撮ることが脳裏にないので、いつでも撮れたためしがない(笑)。


途中、ライティングの店を覗いたりして、
また別のお屋敷美術館、Querini Stampalia(クエリーニ・スタンパリア)へ向かう。
じつはここ、そのまた隣にある、別のお屋敷美術館に行くつもりが、
間違って入ってしまったという事実・・・
またそれに最後まで気づいていないのもすごい(笑)。
ともあれ、ここでちょうど展示していた、
マンテーニャとベリーニの同じ聖母子テーマの作品の
対比展示(このエキジビション)を見ることができた。
ルネッサンス時代の20年の違いで、
様式美から写実に変遷していくというのが、
目の当たりにされて、面白いものだった。

その後、またぶらぶらアパートメントのエリアにもどって、荷物を引き上げ、
エアポート水上バスの着くGuglie(グーグリェ)近くのカナル沿いカフェでお茶。
時間通りに水上バスに乗って、エアポートへ。

最後のページは、夜のフライトの窓からみたヴェニス。







最後の写真は、Ca' d'Oro(カ・ドロ)、
Galleria Giorgio Franchetti (ジョルジョ・フランケッティ美術館)の内部。
ここのバルコニーから、グラン・カナルの眺めが最高にいい。


ではそろそろ、セント・パンクラス、ユーロスター駅に向かう用意を。
また、チャンスがあれば、ブラッセルズから更新あるかも・・・です。






*************************

by KotomiCreations


Etsy     Contrado     Flickr     Instagram


KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2




Tuesday, 20 March 2018

ヴェニス便り

楽しい時間は、あっという間に過ぎてしまうようで、一週間のヴェニス・ホリデーも、明日が最終日。
近頃は、Instagramの方によくアップロードしているので、インスタ・ポストをエンベッドで、この一週間をダイジェストでお知らせすることに。


初日は昼前の便で、ガトウィック空港から、
ヴェニス・マルコ・ポーロ空港へ。
水上バスのA (オレンジ・ライン)で、
ホリデー・アパートの最寄りの、ストップGuglie(グーグリェ)へ。
Guglieのピアからの、ヴェニスの第一印象。
この日は暖かな日差しのいいお天気。


最初の夜の散策。
どこもかしこも水に囲まれた町並みというのは、
なんとも印象深いもの。


一日目の朝。
旅の最初の夜は、たいていほとんど眠れないので、
眠れないイキオイで早起きして、散歩に出た。
ちょうどほんのり霧がかかって、ミステリアスなヴェニス風景。
この後、ホリデー初日恒例の食品買い出しを済ませて帰る。


4枚写真が入っているので、スワイプ(PCの場合、
カーソルを写真の右側に当てると出る⇒をクリック)して見てくださいね。

初めて、(エアポート水上バスでない方の)水上バスに乗って、
水路を下る。
(いつかまた、詳しくヴェニスの水上バス事情を書くことに。
これが最初ややこしかったけれど、乗りこなせるようになったと思ったら、
ホリデーの終わりなんだな・・・。)

この日は、Correrミュージアムに入り浸り。


(複数枚入ってます)
3日目は、出掛けにちょうど高潮に出くわす。
ゴム長をはいてきたにもかかわらず、
冠水の水位高すぎで、役に立たず、
ヴェニス名物膝丈防水シューズカヴァーを買って装着。
最寄りの水上バス・プトップも高潮で閉鎖なので、
鉄道駅前まであるいて、水上バスに乗る。
そして、最大の観光激戦区Saint Mark's Basilica(サンマルコ・バジリカ)へ。
サンマルコ広場も水浸し。
その後は、Palazzo Ducale(パラッツォ・デュカル)で、
ヴェネチアならではの濃~い装飾様式を堪能。
「溜息の橋」を激写してから、
潮が下がっって通常運行の水上バスで戻る。


(複数枚入ってます)
曇天雨がちの4日目。
水上バスでCa' Rezzonico ミュージアムへ。
ティントレットの絵画でびっしりの Scuola Grande di San Rocco教会。
Basilica Fri Gratitude教会から、紙の専門店Legatoria Pollieroへ、
そこからは、ぶらぶら歩いて戻る。


(複数枚入ってます)
5日目は、朝はいいお天気の中、水上バス5.2で、 Ospedaleへ。
教会Basilica dei Santi Giovanni e Paolo についたあたりでもう雨模様。
ティントレットのスタジオがあった家を外から見て
(公開はされていない)、
ペーターおじさんオススメのChiesa della Madonna dell'Orto教会へ。
(大理石インレイで覆われたインテリアが圧巻)
途中いい感じのレストランRistorante Vecia Cavanaでランチ。
冷たい雨の中、歩いて戻る。
アパートのセントラルヒーティングが、とてもありがたい。


(複数枚入ってます)
そしてその夜、11時20分頃ちょうど最大の高潮時。
窓の外を見ると、アパートの前のパッセージが、
水面下に浸っていた・・・高潮恐るべし・・・。
ヴェニスは毎月洪水なのか!?


(複数枚入ってます)
6日目は月曜日。
この日も寒い雨の日。
朝はゆっくりして、12時にアパートのオーナー会社の
ガラス・モザイク工場(アパートの下)を見学。
モザイクガラスもいくつか購入。
午後はミュージアムに入り浸るつもりが、
予想外にミュージアムが閉まっているという事実。
ヴェニスのミュージアム、
月曜も開館のように書かれているところが多いのだけれど、
これどうやら「建前」のようで、実際には午後
(または2時以降)閉館になることが、多い様子。
そんなこんなで、急遽ムラノ島に行ってみることにした。
ガラスで有名なのだけれど、今や観光土産的な、
イマイチ、センスのよくないもので溢れかえっていて、かなり失望。
その上、ガラス・ミュージアムも(やっぱり)2時以降閉館で見れずじまい。
とはいうものの、その近くのビザンティンモザイクの残る教会、
Chiesa dei Santi Maria e Donato を見ることができて満足。


(複数枚入ってます)
7日目の今日は、やっと天気が回復して、青空。
水上バス1番で Accademia(アカデミア)美術館へ。
中世~ルネッサンス美術を堪能。
Veronese(ヴェロネーゼ)絵画で満たされた教会、
Chiesa Di San Sebastianoまで散策。
そこからまた、ヴェニスの最も古い教会のひとつ、
Parrocchia San Nicolò dei Mendicoli まで歩く。
その後S Martaから水上バス4.2でGuglieに戻る。
.明日はもうチェックアウトなので、
冷蔵庫の中の食材をすべて使って、晩ごはん。
その後、黄昏の街を散策に出た。

というところで、そろそろもう寝る時間。

明日は、チェックアウトしてから、
美術館Galleria Giorgio Franchetti alla Ca' d'Oroへ向かう予定。
そして、夜のフライトで、ロンドンに戻ります。
で、その翌々日金曜から、ブラッセルズでアートフェアに出展中の、
ペーターおじさんに合流です。







*************************



by KotomiCreations






Etsy     Contrado     Flickr     Instagram





KotomiCreations - Contrado shop item detail

(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)

Page1, Page2







Sunday, 11 March 2018

Final post for Lisbon - Lisbon Town (リスボン最終回-リスボンの街)

お知らせ:
3月14日(水)~28日(水)まで、
ホリデーと海外出張に出ています。
この期間KotomiCreations
Etsy Shop(エッツィー・ショップ)は、
クローズしています。
よろしくご了承ください。
 

去年から延々引きずっていた、リスボンのエントリーも、今回でようやく最終回で、とりとめもなく、リスボンの街の写真をズラズラ並べておくことにする。

そして、3日後には再び今年のホリデーに出発する。行き先はヴェニス。
3月で、まだかすかにシーズン・オフ???とはいえ、世界最大級の観光激戦地区。なので、人嫌い系の我が家は、ずっと避けていて、遠回しに「行きたいなぁ・・・。」と思っていたのだけれど、意を決してついに、突入します(笑)。
町並み/インテリア写真家としては、一生に一度は行っとかなきゃね^^。
今回のホリデーは1週間なんだけれど、帰ってきて翌々日に、今度はブラッセルズへ。これは、またペーターおじさんのフェアと新作の撮影、そしてフェアのアテンドで、少しお手伝いして、1日だけ自由時間。
今回は、最終日行きがかり上、フェアの撤去まで手伝うはめになるという・・・、体力勝負。ジム行っててよかった(笑)。さて、どうなることやら・・・。
閑話休題で、まずはリスボンのイメージを。

Neighbourhood Street
滞在していたアパートのご近所。
結局行かずじまいだった、カステロ(城)のある岡の、西の麓、
Praça da Figueira(フィグエイラ広場)から、
坂を上がったあたりに滞在していた。

Neighbourhood Street
どこもかしこも、どこへ行くにも、ひとまず坂。

Lisbon - Street
何というのか知らない花、ツツジが木になったような・・・。
ちょうど満開。

Lisbon - Street
満開の木の上には、Igreja e Convento da Graça(グラサ修道院)。

Lisbon - Street
晴れると、夏日。

Lisbon - Street
その昔は、よほどたくさん修道院があったんだろうけれど、
現在では、廃墟になっているところも。
ここは、アパートの近く、大きな修道院敷地がすべてクローズされていた。

Risbon Street - Evening
夜のご近所。
「危ない」とかいう感じは全然ないのだけれど、
とにかくこのグラフィティ(落書き)がひどい。
それも、東ロンドンやパリのように洗練されてないし、稚拙で下手だし(笑)。
これが、街写真を撮りにくかったことの、原因の一つ。

Lisbon Street - Evening
黄昏の街を下るトラム。

Lisbon - Street
岡の反対側、坂、また坂。

Lisbon - Street

Cat in down town Lisbon
路地にて。

Street - Lisbon
前も載せたけれど、気に入っているのでもう一度。

Lisbon - Street
ブーゲンビリアも満開。

Church of Nossa Senhora da Conceição Velha
Nossa Senhora da Conceição Velha(とても日本語にはならない・・・笑)教会。
Praça do Comércio(コメルシオ広場)の近くで、
このあたりは大半、18世紀の大震災で倒壊した中、
数少ない生き残りの16世紀、マヌエル様式ファサード。

Church of Nossa Senhora da Conceição Velha
中は、こんな感じ。
ファサードは残ったけれど、本堂は倒壊した(?)のか、
18世紀の様式で、再建(多分)されている。

Praça do Comércio
そのまま、近くのコメルシオ広場へ。

Praça do Comércio


Praça do Comércio


Praça do Comércio
広場360°。

Cais das Colunas - mini beach
広場から、道を渡ると、タガス川沿いに小さなビーチ。

Lisbon - Street
街の中心部では、建築装飾が、なにかこう・・・ブリブリしている。

Lisbon - Street

Elevador de Santa Justa (Santa Justa Lift)
平坦な中心部と、今度は(アパートとは反対の)西側にそびえる岡とを繋ぐリフト。
Santa Justa(サンタ・ジャスタ)のエレベーターと呼ばれいる。
19世紀鋳鉄製のゴシック・リヴァイヴァル。

Elevador de Santa Justa (Santa Justa Lift)
これも並んでいたので、登らずに、下から激写。

Chafariz do Carmo
西の丘の上、Chafariz do Carmo広場。

Musical instruments shop
広場の近くの楽器店に並ぶ、ポルトガル・ギター。

Lisbon - Street
西の丘から、中心部のRossio(ロシオ)地区に下りてくる坂道。

Lisbon - Street
ロシオ広場の噴水。

Lisbon - Street
カステロのある東の丘からの、タガス川の眺め。

Jacaranda tree in Lisbon
最後に、これまたあちこちで満開だった、
Jacaranda(ジャカランダ)の花をタクシーから撮ったもの。
これも、北の国ではまったく見かけたことのない花。

ようやく、2017年5月の10日間の滞在の記録が終了。

最初にも書いたように・・・そんなわけで、
また標本箱は、ホリデー・モードに入ります。
もしかしたら・・・どこかで、ちらっとミニ標本箱で更新できる・・・かも^^。
4月には、通常モードに復旧予定です。
皆さん、春の日々を楽しんでくださいね。





*************************

by KotomiCreations


Etsy     Contrado     Flickr     Instagram


KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2




Wednesday, 7 March 2018

Museu Nacional de Antiga, Lisbon (国立古美術館、リスボン)-3-

お知らせ:
3月14日(水)~28日(水)まで、
ホリデーと海外出張に出ています。
この期間KotomiCreations Etsy Shop
(エッツィー・ショップ)は、クローズしています。
よろしくご了承ください。



Museu Nacional de Antiga (国立古美術館、ムゼウ・ナシオナル・デ・アルテ・アンティガ)より、最終回は歴史的ジュエリーの展示をフィーチャー。

Museu Nacional de Antiga, Lisbon.
初期のものは(14世紀頃かなこれは?)、
宗教関連のクロスやら、レリカリーなど。
これはクオーツの彫りに、ゴールドのフィリグリー装飾。

Museu Nacional de Antiga, Lisbon.
これはレリカリー(聖遺物)のペンダント。
ジュエリーというよりか、お守り感覚。

Museu Nacional de Antiga, Lisbon.
バイブルのシーンの、小さな小さなレリーフのクロス。

Museu Nacional de Antiga, Lisbon.


Museu Nacional de Antiga, Lisbon.
ルネッサンス期にはいって、
モチーフが宗教色一辺倒から解放される。

Museu Nacional de Antiga, Lisbon.
17世紀頃のジュエリー・・・多分?(想像)。

Museu Nacional de Antiga, Lisbon.
パールとエナメル彩のイヤリング。
繊細で可愛らしいデザイン。17世紀かな。

Museu Nacional de Antiga, Lisbon.
このリボンモチーフは、17世紀後半か18世紀初頭。
ダイヤモンドかな?
(クリソ)ベリル・カット石のクラスター・デザインのブローチで、
ポルトガル製をよく見るけれど、
この石は(ベリルかもしれない。


Museu Nacional de Antiga, Lisbon.
リボンがべたっと大きくなってくると、18世紀のもののような感じ。

Museu Nacional de Antiga, Lisbon.
ここからは、だいたい18世紀のジュエリー。

Museu Nacional de Antiga, Lisbon.


Museu Nacional de Antiga, Lisbon.
かなり大型で、どうやって使われたかというと・・・、

Queen Caroline Kneller
ドレスのBodice(ボディス)部分の中央にドンと。
このボディスの中央の三角パネル状の部分を、
Stomacher(ストマッチャー)と呼ぶので、
ストマッチャー・ブローチと呼ばれることもある。

Museu Nacional de Antiga, Lisbon.
このタイプのボディス・ブローチを色々と。
これが、先に書いていた、典型的なベリルのクラスターのデザイン。

Museu Nacional de Antiga, Lisbon.
ベリルとアメジストの組み合わせ。

Museu Nacional de Antiga, Lisbon.
このオレンジ系の石は、トパーズ。

Museu Nacional de Antiga, Lisbon.


Museu Nacional de Antiga, Lisbon.


Museu Nacional de Antiga, Lisbon.
ネックレス。

Museu Nacional de Antiga, Lisbon.


Museu Nacional de Antiga, Lisbon.
ネックレス、イヤリングのセット。

Museu Nacional de Antiga, Lisbon.


Museu Nacional de Antiga, Lisbon.
同じタイプのクラスター・デザインで、マッチングのイアリング。

Museu Nacional de Antiga, Lisbon.
イアリング。

Museu Nacional de Antiga, Lisbon.


Museu Nacional de Antiga, Lisbon.
同様noデザインのピン達。
ご婦人方の巨大化した髪型や、帽子を固定するのに、
大量にピンが使われていた。

話が長くなるけど、男性方のジュエリー・・・というか、バッジ。
ポルトガルで、典型的なPortuguese Cross(ポルトガル・クロス)の色々を。

Museu Nacional de Antiga, Lisbon.
正式にはOrdem Militar de Cristo(キリスト騎士団)と呼ばれる。

Museu Nacional de Antiga, Lisbon.


Museu Nacional de Antiga, Lisbon.


Museu Nacional de Antiga, Lisbon.


Museu Nacional de Antiga, Lisbon.


Museu Nacional de Antiga, Lisbon.

このあたりで、もうタイムアウト。
ランチを食べて、博物館の前の道で、タクシーをひらって、
アパートに戻り、荷物を引き上げて、空港へ向かったのだった。




Museu Nacional de Antiga (国立古美術館)

ヴィジター情報は英文で<このページ

Map:






*************************

by KotomiCreations


Etsy     Contrado     Flickr     Instagram


KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2