Tuesday, 29 December 2015

Christmas market in Düsseldorf (デュッセルドルフのクリスマス・マーケット)

先日1泊ででかけていた、デュッセルドルフのクリスマス・マーケットのイメージを今回。

1泊の予定だったのが・・・、格安航空会社German Wings(ジャーマン・ウィングス)を使ったのが、失敗のもと。
2日目帰りの夕方の便が遅れて、ゲートで2時間待たされた挙句に、その便がキャンセルになってしまった。航空会社が手配した、とてもきれいな空港ホテルに収容されたのは良かったのだけれど、翌日の朝7時の便をゲットするためには、5時半には空港入りしておいたほうがいいわけで・・・、実質横になれたのは5時間程度、実にモッタイナイ・・・。
ヨーロッパ内を飛び回っている短距離航空便は、いわばバスに翼がついたようなもので、一日に空港から空港をを繋いだルートを順繰りに飛んでいっている。つまり、どこかで遅れが出ると、どんどん遅れが積み重なっていって、夕方に最終ヒースローに戻る便にたいていしわ寄せが来る。
聞いた話だけれど、BA(英国航空)のような旧国営大手航空会社は、保有している航空機の数が格段に多くて、ヨーロッパ内のハブ空港に予備でスタンバイさせている航空機もいくつかあるそう。 なので、あまりにも遅れが積み重なったり、機体に不調が出た場合、そのスペア機を回して来るので、今回のような、遅延そのままなし崩し的にキャンセル・・・というようなことは、比較的避けられるのだとか。
次回もし、デュッセルドルフに行くことがあったら、30~40ポンド程度余分に払ってもBAで行こう・・・と、体力・根気のない中年は思うのだった。


Düsseldorf Christmas Market
話はそのデュッセルドルフの旧市街の中心、Marktplatz(マーケット広場)から。
彫像はJohann Wilhelm II, Elector Palatine 
プファルツ選帝侯・ヨハン・ヴィルヘルム)
その横にはクリスマスツリー。
このマーケット・プレイスを中心に、
何ヶ所に分かれてクリスマス・マーケットが出ている。

Düsseldorf Christmas Market
ドイツはクリスマスツリーの本場、
伝統的な赤や金のバウブル装飾に、
ライティングも、キャンドルライトを思わせる、暖色系。
イギリスはコンテンポラリー好きのせいか、
シルバー、ブルー、パープルに、クールな寒色系のLEDライトが主流。
個人的には、ドイツ式昔風の方が断然好み。

Bielefeld Christmas Market
話はそれるけれど、撮影に行っていた、
Bielefeldの町のクリスマスツリーも、とてもいい感じ。

Bielefeld Christmas Market
夜はこんなになる、あーぁ、ステキー。
ロンドンのはちょっとツマラン・・・ということに気がついた。

Düsseldorf Christmas Market
話をデュッセルドルフの方に戻して・・・、
スタンドで売られているクリスマス・グッズの色々。

Düsseldorf Christmas Market
クリスマス的なスパイスやオレンジの香りの、ポマンダーやリース。
ウチ用にいくつか買って帰った。

Düsseldorf Christmas Market
ガラス細工を売るスタンドでは、デモンストレーションも。

Düsseldorf Christmas Market
こちらは木彫工芸品を売るスタンド。
ここでも、木彫の実演中。

Düsseldorf Christmas Market
ドイツ的なるクリスマスの木製人形。

Düsseldorf Christmas Market
Nativity(キリスト降誕)の木彫ディスプレイ。

Düsseldorf Christmas Market
ジンジャー・ビスケットのような、大きなビスケットは、
どちらかといえばディスプレイ飾り用なのかな。

Düsseldorf Christmas Market
板絵のサンタさん。

Düsseldorf Christmas Market
マーケットの一角に回転木馬が出ていて、
その中に、タビー猫が魚を咥えて走っている。
猫を見たのははじめてだー。

Düsseldorf Christmas Market
紙で組み立てる式のライト・シェードがいろいろ。
幻想的なスタンド。

Düsseldorf Christmas Market
マーケット広場から、最寄り駅Heinr-Heine-Allee
(Google翻訳では、ハイヌハイヌ・アリーとしか聞こえんのだが・・?)駅
に繋がるショッピング街にもスタンドが続いている。

Düsseldorf Christmas Market
モルド・ワインを売ってたスタンド(だったと思うけど)の屋台の上には、
カラクリ風車が付いている。
一番上のプロペラが風で回って、中の人形たちがキリキリ回る。

Düsseldorf Christmas Market
人形たちが、たいがい不気味系(笑)。
もっと撮ったのに、曇天で暗い上に、
風が強いものだから回転が速くて、
なんとかブレなかったのはこの一枚だけ。

Düsseldorf Christmas Market
途中のビストロ路地の、Nativity(ネイティヴィティー)ディスプレイ。

Düsseldorf Christmas Market
メトロの駅を上がってきたところの、Heinrich-Heine-Platz(ハインリッヒ・ハイネ広場)のスタンドは、
確かエンジェル・マーケットと呼ばれていて、エンジェル達がスタンドの上にくっついている。
真ん中のバンドスタンド状のキャノピーの下は、モルドワイン+パブになっていた。
予定では、マーケットでドイツ・ストリート・フードでランチと思ってたのだけれど、
Bielefeldのホテルのビュッフェ朝食を食べ過ぎて、ちっともお腹が空かない。

Düsseldorf Christmas Market
で、このエンジェル君達、も・・・もしかして中国製?な表情。
近年ヨーロッパ・デザインのコピーやら、発注やらで、
仏像顔の天使君急増中のヨーロッパ商品市場(笑)。

Düsseldorf Christmas Market
文字通りエンジェルくん達大量販売中。

Düsseldorf Christmas Market
この広場から、建物を抜けて南側にある広場にもマーケットは続いている。
そこで売られていた、ガラス・・・に見えるけどプラスティックのデコレーション。
触らない限りガラスだと思うほど、よく出来ている。
ウチにも雪の結晶飾りを買って帰った。

My window decoration.
電池式のライン・ライトを巻きつけて、
仕事机の窓のクリスマス飾りになっている。

日本ではもう新年の飾り付けで、クリスマスはもう記憶から消去されているかとは思うけれど、ロンドンも含めて欧米圏はこのまま、1月6日まで、しんねり、じっくりクリスマス飾りとクリスマス気分に浸っている。
そのまっただ中・・・、ウチのPC3兄弟の一番上のお兄ちゃん、HPデスクトップが、ほぼ脳死。いや、フォトショップ入りペンタブPCと、ラップ・トップPCで作業はすべてつつがなく・・・ではあるものの、あったほうが便利な書類データが、お兄ちゃんデスクトップ内に凍結中。(重要な写真・帳簿類はストーレージ+クラウドでバックアップしているので大丈夫だけど。)
PC修理専門業者にメールで問い合わせておいたけれど、今日までは休日だったので、誰もメールもチェックしてないよね・・・(笑)。
お兄ちゃんデスクトップは、5年前の廉価品なので、そろそろ写真に特化したPCに買い換えるべく、心と口座内預金の準備はしてたけれど、また新年早々、何やかやテクノなことにブン回しされるかと思うと・・・ちょっと気が重い年の暮れ、でした。

なにかとトラブルは、日々の暮らしにつきものということで、ま、その先の新機種を楽しみにしてやり過ごすことに。
PC+家電機材ともども、家内安全なよいお年を!!





Saturday, 26 December 2015

Christmas 2015 - 今年のクリスマス

日本では確か・・・24-25日を過ぎたら即、ショップのディスプレイも何もかもが、お正月仕様に変更されて、クリスマス気分は来年の11月後半まで、遠い記憶の中に封印されてしまう・・・・んだった、と思うけれど、欧米圏では、正月はクリスマスの一部。
クリスマス気分は、クリスマスからの12夜があける(エピファニーでもある)、1月6日まで続行中。つまり、それまで、誰もどこも真面目に働こうとか思わないし・・・(笑)。
そんなわけで、今回も恒例の(?)ウチのヂミなクリスマスの様子を。

余談だけど、ドイツから帰ってきて(またこの話は次回に・・・)、クリスマス直前に新しいアンドロイド・フォンを入手して、セッティングも完了。2年の契約が切れたので、前回の、はじめての激安入門編機種Moto G(通称・元爺)氏は引退して、そのちょうど孫世代にあたると思われるMoto X Style(USAではMoto X Pureと呼ばれているのかな)に切り替えた。(日本語訳のレビューを見つけた<このページ>)。
元爺さんでもとりわけ不満はなかったのだけれど、激安機種だけあって、カメラがどうしようもない・・・。いまどきのiphone6なんかに比べると、目も当てられない・・・。そこで、慣れてきたMotorola(モトローラ)シリーズの中で、カメラ機能が急速に向上した、そして老人に優しい(?)大型機種のMoto X Styleに決定。(私なぜだか、クリエーター系なのに反アップル帝国で---多分あの明るいコンテンポラリーな感じが超苦手なんだと思う---WindowsとGoogle帝国の方に取り込まれている人質なのだった。)
以前の元爺が、激節電仕様だったので、それに比べるとちょっとバッテリーの持ちが劣るけれど、チャージ時間が短いので、便利さをカヴァーしている感じ。 すぐにX style君とも仲良くなった。
で、今回はX Style君の写真デヴューです・・・といっても、一眼に比べると広角すぎて、画角が自由にとれないし、ポストプロセスもPCのフォトショップのようには行かないし・・・まぁ、まだまだ一眼の重荷からは開放されないけれど・・・。
ヲタク閑話休題。

Christmas 2015
普段は家事全般担当の配偶者氏に代わって、
クリスマス・ディナーだけは私が担当。
ウチはオーヴンを使わないし、
面倒くさがりなので、基本的に1鍋料理しか出来ない。
そこで、毎年チキンの脚をル・クルーゼで煮込む。
先に、チキンとガーリックとジンジャーとカシューナッツを入れて、
オリーブオイルでこんがり表面を炒めておいてから、
トマト缶1缶・赤ワイン1カップ位とともに、ル・クルーゼに移動。
塩・コショウ、隠し味ショウユを足して、
クリスマス仕様のグリーンと赤の野菜たちを入れて、
ドライフルーツとナッツも入れて、
ローズマリーも乗っけて、もう40分位煮込む。
分量はすべてあるもの適当、なんでもカンで。
火を止めてから皿を用意している間の、
10ー15分休ましてから、盛り付ける。

Christmas 2015
出来上がり。あぁ、キャンドルライト暗い・・・。

Christmas 2015
メインの後は、プディングとお茶。

Yumi's blend Christmas tea.
お茶は、展示会でお世話になった由美さんから届いた、
彼女の特製ブレンド・クリスマスティー。
ハーブやスパイスが効いていてとても美味しい。
普段マグで入れるマグ茶しか飲んでいないので、
まともにポットで入れると、一段と美味しい。

Christmas 2015
クリスマス・プディングもミンスパイも苦手な私は、
ブラックフォレスト・ケーキがお気に入り。
今年は、Cookの冷凍版を買ってみた。

Christmas 2015
2人暮らしなのに、ハンパないサイズなので(8人分!!)、
プディングおかわり。

Christmas 2015
一体何年使いまわしする気か・・・という、
以前に日本から届いた、レーザーカットの3Dクリスマスカード。

Christmas 2015
そのまた後ろは、これまた毎年恒例の、
スウェーデン製エンジェルのキリキリ舞いチャイム。

Christmas 2015
今年は、配偶者氏得意の、リアル・ツリー+リアル・キャンドル復活。
キャンドルの小さいもので、
ケーキ用のキッチュ色しかないのが・・・ご愛嬌。
これに点火は後ほど、暗くなってから。

Christmas 2015
まずは腹ごなしの散歩・・・に行く前に、庭に出てみた。
今年は異常気象で、10度をほとんど下らないロンドン、
スイセンやチューリップが芽吹き始めた。
違う・・・まだ12月なんだ、
1月の終わりに(寒くなって)後悔すると思うけど・・・。

Christmas 2015
テムズ川で、これも恒例のカモメにパンをプレゼント。
今年のロンドン、クリスマスはDrizzle(霧雨)で、やたら暗い。
その上、連日台風級の突風が一時的に吹く。
(長くは続かない)。

Christmas 2015
そのままイキオイでKingston(キングストン)まで、
川沿いを歩く。

Christmas 2015
昨日まで買い物客でごった返していた、マーケット広場も、
今日は全店お休みで、誰もいない。

Christmas 2015
唯一オープンしていたパブで、休憩。

そして、強風霧雨の川沿いを歩いて帰る。

これまた恒例の「The Queen」、
女王陛下のクリスマススピーチの3:00pmには間に合わなかったけど、
ちゃんとBBC iplayerで、Moto Xで拝聴。

Christmas 2015
暖炉に火が入って、

Christmas 2015
クリスマスツリーに点火。
ぶら下がっている、薄板切り抜きのデコレーションは、
デュッセルドルフのマーケットで買って来たもの。

Christmas 2015
Danaさんにもらったプレゼントのひとつ、
ドライーベリー付の巨大チョコを割って食べながら、
クリスマスプレゼントの残りを開ける。

Christmas 2015
プレゼント達。
左下のゴス系Tシャツは、場違いにジムやズンバにこれで行く用(笑)。

今年も楽しい呑気なクリスマスでした^^。



Thursday, 24 December 2015

Happy Christmas !!

Happy Christmas for everyone.

楽しいクリスマスをお過ごし下さい。

Friday, 18 December 2015

London in Christmas mode - クリスマス仕様のロンドン

前回は夏の庭で、今回はいきなり、冬に突入。
なんだか、暖かくてまったりした11月~12月のロンドンだけれど、確実にクリスマスは近づいて来ているらしい。
今回は、クリスマスの買い物に出た時の、クリスマス仕様のロンドンの様子を中心に。

クリスマスの買い物・・・といっても、プレゼントはハンドメイドか、ネット・ショッピングで、フィジカルなお店(実店舗)で買い物することがほとんどない私。 実店舗に行くとどこになにが売られているのか、検索機能がないので、途方に暮れる・・・というのは、立派なNerd(ヲタク)印かもしれんのだが・・・、ま、とにかく、唯一店に買い物に出るのは、Fortnum & Mason(フォートナム&メイソン)。
毎年夏にお世話になっている、ノルマンディー、ル・シャトー界隈の人々に、クリスマスプレゼントを送る。 
最初のクリスマスにPおじさんにF&Mのビスケット詰め合わせを送ったら、その中のダブル・チョコレート・ビスケットが激好評。「真ん中の大きなチョコレートのは、食べんといてくれ、ワシのや。」という、幼児発言が出るぐらいの執着ぶりだったそうなので、ダブル・チョコレート・ビスケットに事欠かないように、夏の滞在時の手土産と、クリスマス・プレゼントはこれが基本。
そして、フランス食にロンドンで対抗できるのは、まぁここぐらいしかなかろうというので、その他ノルマンディー組の皆さんにも、流れでF&Mということになっている。
今年も、11月末に早々に買い物に行ってきた。

Christmas decoration in London
ピカとGreenParkの間にあるF&Mに行くのには、
いつも人混みのやや少ないGreenPark駅側から歩いて行く。
The Ritzも、もうクリスマス仕様。

Christmas decoration in London

Christmas decoration in London

Christmas decoration in London

Christmas decoration in London
The Ritzのジュエリー・ショップのウィンドウ。

Christmas decoration in London
Piccadilly Arcade(ピカデリー・アーケード)の中もクリスマス仕様。
ちなみに、クリスマスツリーは、
ヴィクトリア女王の夫君アルバート公が、母国ドイツから持ち込んだもので、
19世紀以降、UKに普及した。
それまでは、こんな風なガーランド(花綱)式のデコレーションが、
クリスマス・デコレーションだったのだそう。

Fortnum & Mason Christmas display 2015
さて、F&Mに到着。

Fortnum & Mason Christmas display 2015
例年ここのクリスマス・ディスプレイは、
ロンドンのデパートメントストアの中でも、とりわけ優れもの。
今年は、若い年齢層にアピールするため、
アイスランド出身の人気イラストレーター、
Kristjana S Williams(クリスティーナ・S・ウィリアムス)とのコラボ。

Fortnum & Mason Christmas display 2015
イラストから3Dになった子達もいろいろ登場。

Fortnum & Mason Christmas display 2015

Fortnum & Mason Christmas display 2015

Fortnum & Mason Christmas display 2015

Fortnum & Mason Christmas display 2015
クリスマス・プディングはUK独特のケーキ。
確実に中世起源だろうと思わせる・・・、中世風というか、
洗練されてないというか、つまりけして美味しいものではないけれど、
英人家庭ではクリスマスに入用なもののよう。
ミンスパイも同様、歴史に遡っていっているお菓子。
ドライフルーツやナッツがキライなので、私はどちらもNG。
配偶者氏は、クリスマス・プディングはあまり好きでないそうだけれど、
ミンスパイは大好物で、クリスマスが始まる前から、
店頭に並び始めると買ってきては、食べ溜めしている。

Fortnum & Mason Christmas display 2015
私はチョコレートの方が専門。

Fortnum & Mason Christmas display 2015
お店の中に入って、

Fortnum & Mason Christmas display 2015

Fortnum & Mason Christmas display 2015
これは、大体いつも決まった場所に並べられていてわかりやすい。
これがPおじさん御用達のダブル・チョコレート・ビスケット、
正式にはChocolossus(チョコロサス)と呼ばれている。
世界最強のチョコレート・ビスケット、多分。

Christmas decoration in London
買い物を済ませて、この日は久しぶりにナショナル・ギャラリーを見に行った。
その途中で見つけた、ステキなクリスマスリース。
某ジェントルメン・クラブの入口にて。

ここからは、Covent Garden(コベント・ガーデン)界隈、
夜のクリスマス・デコレーション風景。

Christmas decoration at Seven Dials
Seven Dials(セヴン・ダイアルス)と呼ばれる、
七差路のあたりのショッピングエリア。
3Dのデコレーションが漂っている。

Christmas decoration at Seven Dials
その下を歩いて、Neal's Yard(ニールズ・ヤード)で買い物。

Christmas decoration at Neal's Yard
ニールズ・ヤードらしい、ナチュラルでシンプルなクリスマスツリー。

Christmas decoration at Covent Garden
そのあと、ぶらぶらコベントのピアッツァ方面に歩いて行く。
途中のレストラン前の賑々しいツリー。

Christmas decoration at Covent Garden
ピアッツァ前には、恒例の10m級のクリスマスツリー。

Christmas decoration at Covent Garden
かなりの迫力。

Christmas decoration at Covent Garden
ピアッツァの中のApple Market(アップル・マーケット)は、
Mistletoe (ミスルトゥ=ヤドリギ)モチーフのデコレーション。

Christmas decoration at Covent Garden
クリスマス名物、モルド・ワインや
ジンジャーブレッドを売るスタンドも出ていて、
気温は生ぬるいけれど、
クリスマス気分が徐々に盛り上がっているロンドンでした。

さて、日曜から月曜にかけて、ドイツのDusseldorf(デュッセルドルフ)と、そこからまた鉄道で移動して、Bielefeld(ビールフェドと発音するのかな・・・?)という町に撮影で滞在中。
ついでにクリスマス直前、ドイツの街のクリスマスの写真も撮ってくる予定。クリスマスまでに仕上がって、もう一度標本箱に詰めこめたらいいなー、と思うものの、これはちょっと未定。そんなわけで、標本箱は出張モードで、クリスマス開けまでお休みかも?です。
Have a lovely festive season!!