Friday, 30 January 2015

Kunst & Antiek Weekend 展- Peter Gabriëlseの箱彫刻 2015

アムステルダムから戻ってきて・・・写真処理の海の下でもがいているところ。
とにかく、ペーターおじさんのエキジビションや作品から写真を仕上げていっているので、まず今回は、冬恒例のアムステルダム近郊・Naarden(ナールデン)のKunst & Antiek Weekend(アートとアンティークのウィークエンド) 展会場の様子から。


Peter Gabriëlse @ Kunst & Antiek Weekend - Naarden 2015
初回のの真っ白壁、昨年のダーク・グレイ壁、今年はその中間で、
かなり明るい目のグレートーンの壁。

Peter Gabriëlse @ Kunst & Antiek Weekend - Naarden 2015
今までで一番いいトーンで、おじさんも満足。

Peter Gabriëlse @ Kunst & Antiek Weekend - Naarden 2015
専属フォトグラファーも、明るくて撮影しやすいので大満足。

Peter Gabriëlse- box sculpture, new work at Kunst & Antiek Weekend - Naarden 2015
昨年の夏、シャトーの屋根裏でペイントされていた、
元教会の装飾パネル、まるで太陽神の神殿のようになって完成。

Peter Gabriëlse- box sculpture, new work at Kunst & Antiek Weekend - Naarden 2015
小さな建設足場が組まれている。

Peter Gabriëlse- box sculpture, new work at Kunst & Antiek Weekend - Naarden 2015
これも神殿風な新作。
壁掛け展示されているけれど、置いてディスプレイ、も、可能。
四角い「箱」からの脱出を試みているような・・・新作2点。

Peter Gabriëlse- box sculpture, new work at Kunst & Antiek Weekend - Naarden 2015
テクスチャーがとても美しいのだけれど、
コントラストで据えられたピラーは、19世紀のアンティーク。

Peter Gabriëlse- box sculpture, new work at Kunst & Antiek Weekend - Naarden 2015
デリケートな明るいトーンの新作。

Peter Gabriëlse- box sculpture, new work at Kunst & Antiek Weekend - Naarden 2015
コロコロ、ボールが漂うディティールが、とてもチャーミング。
そして、右端のステップの手すりが、なんとも繊細。
ステキだわー、と思っていたら、2日目に売れていった。

Peter Gabriëlse- box sculpture, new work at Kunst & Antiek Weekend - Naarden 2015
図書館シリーズの新作。
図書館シリーズはいつでも人気なので、
気がついたら手持ち在庫ナシ状態のことが多いのだそう。
今回も、最後の一つの図書館ボックスが、
同時開催のSlot Zeist(スロット・ザイスト)「ミニチュアの世界展」に
出展中なので、このフェアに間に合うようにこの作品が完成された。

Peter Gabriëlse- box sculpture, new work at Kunst & Antiek Weekend - Naarden 2015
この細かなリアリティー・・・人気なのも納得できる。

Peter Gabriëlse- box sculpture, new work at Kunst & Antiek Weekend - Naarden 2015
これもディティールに感嘆の新作。

Peter Gabriëlse- box sculpture, new work at Kunst & Antiek Weekend - Naarden 2015
おじさんの倉庫そのまま・・・。

Peter Gabriëlse- box sculpture, new work at Kunst & Antiek Weekend - Naarden 2015
アンティークの扉の、バーの嵌った覗き窓の部分を使ったボックス。
箱のなかの階段にシンクロさせて、バーが横になるように使った。
マーケットで見つけた時は、バーが何重ものペイントで覆われていたのを、
ペイントを剥がしてみたら、下から捻った模様のアイアンが出てきたのだそう。
これとても、ヴェルディのオペラのステージ・・・な、印象。

Peter Gabriëlse- box sculpture, new work at Kunst & Antiek Weekend - Naarden 2015
色合いがなんとも深くて渋い。

Peter Gabriëlse- box sculpture, new work at Kunst & Antiek Weekend - Naarden 2015
そのディティール。

Peter Gabriëlse- box sculpture, new work at Kunst & Antiek Weekend - Naarden 2015
ディテールだけ撮って、全体像を撮るのをすっかり忘れていた・・・。
初日で売れてしまったのに。

Peter Gabriëlse @ Kunst & Antiek Weekend - Naarden 2015
比較的穏やかな天候の初日は、かなりの人出。

Grada and Peter
合間を縫って、仲良しのグラダおばさまと師匠の2ショット。
2人が覗きこんできゃっきゃ、言っているのは、
ちょうどアムステルダムに発つ前日にNetで見つけた、Pおじさんを取材したヴィデオ。
私の持っていったラップトップに、ダウンロードしたものを見せたら大受け。

ここにオマケ・ヴィデオでエンベッド。
なんと、25年位前の、オランダのテレビ番組のインタヴュー(英文字幕付)で、
当時のおじさんのアムステルダム郊外の家。
おじさん若いっ(笑)。



ちなみに、この家はオランダのインテリア雑誌「Residence」の、
1991年11月号にフィーチャーされていて・・・、

Residence 1991 Nov.

Peter's first house in Residence 1991 Nov.-1-

Peter's first house in Residence 1991 Nov.-2-

Peter's first house in Residence 1991 Nov.-3-

Peter's first house in Residence 1991 Nov.-4-

Peter's first house in Residence 1991 Nov.-5-

こんな感じ。

その昔から、テイストまったく変わらず、
首尾一貫している、ペーター師匠なのだった。





Monday, 19 January 2015

Lassco Brunswick House (ラスコ-ブランズウィック・ハウス店)

前回からまた続きで、ロープウォーク店にヴィンテージ/インダストリアル系の商材がかためられた後、Lassco(ラスコ)・Vaxhall(ヴォクソール)のBrunswick House(ブランズウィック・ハウス)店がどんな風になっているか・・・というイメージを今回。

Lassco - Brunswick House, Vauxhall, London
ヴォクソールの駅を出て、バス・ストップのかたまっているエリアを抜けて、
いつでも、このヴューがとてもシュールだと思ってしまうので、まず、このイメージを。
保存建築物に指定されている、18世紀のブランズウィック・ハウスは
取り壊しも、外観を変更することも出来ないので、
21世紀の高層アパートメントに囲まれて、
昔のままの外観で超然と建っている。

Lassco - Brunswick House, Vauxhall, London
横がレストラン部になっていて・・・、

Lassco - Brunswick House, Vauxhall, London
その横に新たに花のストールが出ている。

Lassco - Brunswick House, Vauxhall, London
これがお店の正面。
たなびいている大きな旗は、英海軍・軍艦旗White Ensign(ホワイト・エンサイン)。

Lassco - Brunswick House, Vauxhall, London
中を見て回る前に、まずは軽食を・・・と、入ったレストラン部。
以前この入口のエリアは、ヴィンテージ・インテリアの
カフェだったのだけれど、現在は「バー」ということになっていて、

Lassco - Brunswick House, Vauxhall, London
アンティーク色の強い落ち着いたインテリアに変わっている。

Lassco - Brunswick House, Vauxhall, London
その奥のレストラン部。

Lassco - Brunswick House, Vauxhall, London

Lassco - Brunswick House, Vauxhall, London
食に激しく疎い私になんの魚だったか聞かないで・・・白身魚だった(笑)。
建築様式は解るけれど、スープが何で出来ているか・・・が、解らない。
ともあれ、どうやらシェフはイタリア系と思われる、なので、とても美味しい。

Lassco - Brunswick House, Vauxhall, London
食べたあとは、部屋を見て回る。

Lassco - Brunswick House, Vauxhall, London
ブランズウィック・ハウス店は、アンティーク部門にすっかり特化。

Lassco - Brunswick House, Vauxhall, London

Lassco - Brunswick House, Vauxhall, London

Lassco - Brunswick House, Vauxhall, London
ここの部屋・部屋も、パーティーや撮影に貸出しされる。

Lassco - Brunswick House, Vauxhall, London

Lassco - Brunswick House, Vauxhall, London

Lassco - Brunswick House, Vauxhall, London

Lassco - Brunswick House, Vauxhall, London
19世紀建造のロンドン・Catford(キャットフォード)の教会から、
サルベージされたステンドグラス。
いいなと思ったら、お値段も£200-300位上で、手が出なかった・・・。

Lassco - Brunswick House, Vauxhall, London

Lassco - Brunswick House, Vauxhall, London

Lassco - Brunswick House, Vauxhall, London

Lassco - Brunswick House, Vauxhall, London

結局今回は、見て回っただけだったけれど、
一段と私好みな感じになっているので、
また寄ってみたいお店の一つ。


Lassco Brunswick House 
(ラスコ-ブランズウィック・ハウス店)

30 Wandsworth Road, Vauxhall, London SW8 2LG

地図:

View Larger Map


水曜日から週末にかけて、またこの時期恒例のアムステルダム出張が入っている。 今回はペーターおじさん、Narrden(ナールデン)のアート・アンティーク・フェアのみならず、Utrecht(ユトレヒト)の隣町、Slot Zeist(ザイスト城)で4月まで開催中の「De wereld in miniatuur(ミニチュアの世界)」展にも招聘展覧中。
なので、専属フォトグラファーは、その会場にも撮影に向かう・・・と、楽しくもあり、忙しくもあり・・・な滞在。
しばらく標本箱、出張モードでお休みです。 また今月末に覗いてみてください。













Friday, 16 January 2015

Lassco Ropewalk (ラスコ-ロープウォーク店)

前回のマルビー・ストリート・マーケットの「仕掛け会社」、サルベージ/アンティーク/ヴィンテージのLassco(ラスコ)のイメージを。
3年ほど前に、ここのVaxhall(ヴォクソール)店のイメージを、標本箱に詰め込んだことがある。(<このページ>と<このページ>)
ここの元廃品建築床材倉庫だったのが、新たに改装されて、週末マルビー・ストリート・マーケットに貸し出されている話は、前回にも書いたが、その新装開店された、お店の方のイメージを今回。

Lassco - Ropewalk
以前はLonodon内は、ヴォクソール店だけだったので、その中に何から何まで詰込まれていた。
ここロープウォーク店がオープンしたので、
東のロープウォークにヴィンテージ/インダストリアル、
西のヴォクソールにアンティークと、
きっちり商材が分割されたのが、よく解る。

Lassco - Ropewalk
ロンドンは今や、若物テイスト:ヴィンテージ/インダストリアルの東、
中・老年テイスト:アンティークの西、という風に、
かなりテイストに住み分けが起きている。
その年令層の境目は45歳ぐらい・・・と私は見ている。
で、それを当然のように超えている自分は、
これまた当然のように、西文化の人間なんだけど・・・(笑)。

Lassco - Ropewalk, Bermondsey, London

Lassco - Ropewalk, Bermondsey, London

Lassco - Ropewalk
因みに、ヴィンテージとアンティークの境目は?
というのは、UKでもいろいろ意見の分かれているところ。
基本的には、100年以上たったものがアンティークで、
50年~99年のものがヴィンテージ、というのが通りになっている。
それでいうと、1965年以降の物はヴィンテージでもないわけで・・・、
しかしまぁ、1990年代前半のものまで「ヴィンテージ」として、
まかり通ってしまっているので、この辺りはかなりグレイ・ゾーン。

Lassco - Ropewalk
定義にはあまり振り回されずに、
自分の「好きなもの」を探し出す目、嗅ぎ出す鼻があればいいか。
で、石鹸は現行品。

Lassco - Ropewalk
で、「インダストリアル」というのは「工業・産業」の文字通り、
工場・事務所・店舗などで使用されていた備品を、
インテリアに再使用する、ということ。
こんなライト・サインも、個別にインテリア・ライティングとして販売されている。

Lassco - Ropewalk
かなりインパクトあるディスプレイ。

Lassco - Ropewalk
ラスコお得意の、ドアノブ・ハンドル等の建築アクセサリーは
(リプロダクション現行品を含めて)、全部このロープウォーク店に移動。

Lassco - Ropewalk

Lassco - Ropewalk, Bermondsey, London
ヴォクソール店でも、撮影やパーティーにスペース・レンタルしているけれど、
ロープウォーク店にも木パネル張りの部屋が、2つ作られている。

Lassco - Ropewalk

Lassco - Ropewalk
パーティーに貸し出ししますよ、ケータリングもご相談ください、と、
ここのブローシュアに書いてあったけれど、
マルビー・ストリート・マーケットのフード・コネクションがあるので、
その自信の程も伺えるというもの。

Lassco - Ropewalk
隣の小部屋には、ファブリック・テキスタイルが集められている。

Lassco - Ropewalk
このチェックのスローをもうちょっとで連れて帰るところだったが、
買い物の続いた週だったので、グッと堪える・・・。

Lassco - Ropewalk
ここのラジエーターもカッコよすぎる・・・。

Lassco - Ropewalk
壁材は大半がここのメイン商材、サルヴェージ床材。
そうそう、当たり前のように「Salvage(サルヴェージ)」とか、
「Reclaimed(リクレームド)」という語が飛び交っているけれど、
これつまり、「中古品」というのを、
ちょっと体裁がいいようにこう言っているだけ。
どれも、「ヴィンテージ」の定義じゃないけれど、
どれぐらい古いものか・・・などというのは、関係なし。

Lassco - Ropewalk, Bermondsey, London
いずれにしても、捨てればタダのゴミの山。
キレイにディスプレイしたら、インテリア商材。
イーストのクールなロフトに、
連れて帰ってもらうのを待っているモノ達なのだった。


Lassco Ropewalk
(ラスコ-ロープウォーク店)

41 Maltby Street, Bermondsey, London, SE1 3PA, United Kingdom

地図:

View Larger Map