Monday, 31 July 2017

Cricket - Test Match at Oval(クリケット、テストマッチ観戦)

Etsyショップ:夏休みのお知らせ。
8月1日(火)~8月22日(火)の間、
Etsyショップは夏休みで、クローズになります。
よろしく、ご了承ください。


明日からのノルマンディーに滞在を前に、標本箱は春のホリデー話も、1/4しか進んでいないのを、もう放置して、また後日・・・ということで、次回はノルマンディー速報になる予定です。
それでもって今回は、これまた速報的に、この前の土曜日のOval(オーヴァル)での、クリケット、テスト・マッチ観戦のイメージを。

スポーツ観戦など生涯したことのない自分が、クリケット・ファンの配偶者氏が誕生日プレゼントでもらったペア・チケットに便乗して、オーヴァルにテストマッチを観に行く事になったのは、前回も書いた通り。
このクリケット<日本語Wiki>英連邦諸国でしか普及していないので、日本人やアメリカ人から見ると、「野球の原型みたいなものだろう」と思われがち。
しかし、(諸説あるけれども)野球はRounders(ラウンダース)という、英人の認識からいうと「女子供のゲーム」から発展・転化していったものなので、クリケットとは随分かけ離れたゲーム。
ボウラーの投げたボールを、バッツマンが打つのは基本同じだけれど、バッツマンは向かい合わせに2人、一方のチームから出ていて、打った後その2人がピッチの間を走って行き来してスコア(走った数なのでRun=ランと呼ばれる)を加算するシステム。
バッツマンがアウトになるのは、打ったボールをバウンドなしでキャッチされた場合や、ウィケット(3本並んだ棒=スタンプと、その上に乗っかった2つの木片=ベイル)にボールが当たって、ベイルが落とされた場合・・・などなど。
転じて、アウトになること全体をさして、「ウィケットを取る/失う」と、表現される。
そうして、2イニングス(テストマッチの場合)が終わったところでのランの合計で、勝敗が決る。しかし、規定の5日以内に2イニングスを終えられなかった場合は、ランの合計関係なく引き分けになるんだそう(この辺が、私にはよくわからない。)
私がUKに来た早々、あまり仕事もせずに今よりもっと呑気にしていた頃、時々テレビで配偶者氏とテスト・マッチを見ていて、解説(講義)されたので、おぼろげにルールは解るけれど、そうでない限り、英連邦外の人間にはまるで意味不明のゲーム。

クリケットの試合の中でも、このテストマッチが、一番盛り上がる国際試合。これ以外の国際試合に、ワンデイマッチ(一日で終わるように設定された競技方法)などもあるけれど、2イニングス合計4-5日かけて試合するテストマッチの方が伝統的で、正統派の競技方法。 ユニフォームも、テストマッチは伝統的な白いクラッシックなスタイル、ワンデイマッチはカラーのユニフォームで、これではちょっと野球っぽく見える。

これ以上、自分もあまりよくわかっていないことを説明しようとしても、意味なしなので・・・その場の雰囲気ということで、イメージに入りますよ。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
スタジアムはThe Kia Oval(通称オーヴァル)。
Kiaというのは、スポンサーの韓国の自動車会社「起亜」のこと。
聞いたことがなかったので、「Kiaって何?」と配偶者氏に尋ねたら、
Kia-Oraっていう、ドリンクがスポンサーなんかな?」という、まさかなご意見。
Googleに聞いてみたほうが早かった・・・(笑)。
で、これがグラウンド(というか、クラブハウス)の正面。
地下鉄のOval駅から100mほどの距離。
私たちは、サウス・ウエスト・トレインズの鉄道で来るので、
Vaxhall(ヴォクソール)で下車して、10分ほど歩いて、
この入口とは、ほぼ反対側北側のAlec Stewart Gate
(アレック・スチュワート・ゲート)から入った。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
今回のサウス・アフリカVSイングランドが、テストマッチ100回目記念。
ちなみに1回目は1877年3月、
メルボルンでのオーストラリアVSニュージーランドなのだそう。
ここに写っているのは、19世紀のベスト・バッツマン、W. G. Grace(W.G.グレース)。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
このクラブ・グラウンドは1845年設立で、
150周年記念に設置された時計。
野球やフットボールと違って、クリケットは基本が「グラウンド」
そこに、クラブ・ハウスが建っている・・・という様式。
そのせいだか、この規模になっても「グラウンド」と呼ばれて、
なぜだか「スタジアム」とは呼ばない。
この時計の付いている入り口が、クラブ・メンバーの入り口で、
少しイギリスの「ジェントルマン・クラブ」に相通ずる「クラブ」の雰囲気がある。
オーヴァルは今回のような国際試合にも、多数使用されるけれど、
基本的にSurrey County Cricket Club
(サリー州クリケット・クラブ)の、ホームグラウンド。
なので、この巨大な建物も、基本的に「クラブ・ハウス」。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
エントランス近くで、この「4」のりーフレットを貰う。
テストマッチのスポンサーの株屋の広告なんだけれど、
応援チームに「フォー・ラン」(打球がゴロで、バウンダリー=境界線、
を超えた時。走らなくても4ランのスコアがつく。)が出た時に、
これをスタンドで振って喜ぶ・・・という、小物。
裏は「6」が書かれていて、これは「シックス・ラン」
(打球がバウンドなしで、バウンダリーを超えた時。
ホームランみたいなもの。)の時にかざす。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
私達のシートはPeter May Standなので、まだ少し先に向かう。
すべてスタンドやゲートには、
クラブの歴代著名プレーヤーの名前が付けられている。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
で、この方がPeter May(ピーター・メイ)氏。
1950~60年台に活躍したバッツマン。
配偶者氏の時代の人達のヒーロー。
この後ろに写るガスタンクは何か?なんだけれど、
これがオーヴァルと、隣り合わせに建つgasometer
(ガソメター=ガスタンク)。
後で現在の写真が出てくるけれど、オーヴァルといえば
このガソメターがアイコニックな存在。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
スタンドの下を抜けていくと、一帯は屋台通り。
食べ物もだけれど、主にビール、とにかくビール。
屋台の売上を助けるためなのか、
オーヴァルはアルコール類の持ち込みは禁止。
セキュリティ上の理由でもあるだろうけれど、
エントランスで、バッグ・チェックがある。
一方、ロンドンでもう一つのグラウンド、
スイス・コテージのLord(ロード)は持ち込みOKだそう。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
ヴィンテージ・ヴァンの屋台。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
やっとここで、自分たちのシートに上がって来た。
ゲームは11時開始で、1時にランチタイム休憩が40分、
3時からティータイム休憩が20分、大体6時頃に終了する。
これを4日~5日続けるので、
週フルタイム勤務に匹敵するかもというゲーム時間。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
グラウンドの反対側中央に建つのが、件のクラブハウス。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
シートから振り返ってみると、そのガソメター。
オーヴァルより2年遅れて、1847年に設置された。
現在のテクノロジーではガソメターを使って、
ガスを保管する必要はないので、各地で次々に解体されて、
住宅建築などに、置き変えられてきているけれど、
このオーヴァルのガソメターは、
第II保存建造物に指定されているので、今後もここに残されることと。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
これがスコア・ボード。
イングランドが先攻で、最初のイニングに353ランをあげている。
(ボードの一番下に表示)
昨日の2日目から、サウス・アフリカのバッツで、
126ランをあげて、8ウィケット失っている。
(一番上に表示。11人中8人が、「アウト」になっているということ。)
チームは11人だけれど、バッツマンはペアで出るので、
10ウィケット、つまり10人目がアウトになったところで、
そのイニングスは終了。
Morkel(モーケル)と Bavuma(バーヴマ)のバッツで、
今日の3日目が始まる。
ということぐらいで、それ以外の数字はなんだか、私には不明。
ま、とにかく、イングランドが激優勢なことは確か。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
プレーヤー、ウォーミングアップ中。
こちらはサウス・アフリカ・チーム。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
一度選手達は引き上げて、ユニフォームを着替えて、
グラブハウスの階段を降りて、グラウンドに集まったところで、
両チーム入り混じっての記念撮影。
肩と胸にHSBC銀行の赤いマークを付けている方がイングランド。
ユニフォームはやや、クリーム色。
サウス・アフリカのユニフォームは、真っ白。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
ピッチに散らばったところ。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
サウスアフリカのバッツマンが向かい合わせに2人。
ボウラーはファスト・ボウラー(速球)のBroad(ブロード)、
画面左の外側に見切れてしまっている。
右でバッツマン、モーケルがそれに構えている。
バッツマンの横で水色に見えるのがウィケット。


ここで、ヴィデオ。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
ボウラーの最初の4シーンは、
ゲームの取っ掛かりを押さえ込むための、ファスト(速球)・ボウラー。
なので、とてつもなく長い助走をつける。
こんな長い助走は、ご近所の草クリケットではありえない。
(つまり、そんなすごいファスト・ボウラーはいないということ。)
テレビでしか見たことがないので、
そしてテレビだとボウラー/バッツマンの後ろから撮るので、
どんな距離を走っているのか、実感が全然わかない。
なので、はじめて横から見てたまげた・・・。
この重労働なので、ファスト・ボウラーは、
最初の数オーヴァーを投げるだけで、スピン・ボウラーと入れ替わる。
(6球投げたところで、位置入れ替えて、反対側のボウラーが投げる、
これがオーヴァーと呼ばれる。)
後の2人はスピン・ボウラー。
最後から2人目はAnderson(アンダーソン)で、巧妙なボウルで有名
(だそう、全部聞きかじり)、
今回も出てきてすぐにウィケットを取っていた。
最後のボウラーはAli(アリ)で、助走ほとんどなし、
最初まっすぐに見えて、バッツマンの手前のバウンドで急カーヴする、
Off spin(オフ・スピン)の名手なんだそう。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
などと・・・おしゃべりコメンテーター配偶者氏の話を、
フンフン聞いているうちに、どんどん雲行きがあやしくなる。
ライトも点きはじめた。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
12時45分にドリズル(こぬか雨)がひどくなってきたところで、
ちょうどサウスアフリカのバッツのイニングスが終わり、
40分のランチタイム休憩を、早めてとることに。
私たちは、状況予測済み、傘にレインジャケットで装備なので、
観客席で、傘さしてバーガーを食べる。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
ピッチにカヴァーが引き出され、

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
除水ホースを引きずり回して、ローン上の水分を吸い上げる。
天気予報では3時以降にべったり雨マーク。
1時頃のこぬか雨は、その先駆けだったようで、
ランチタイムの終わる頃には、ちょうど止んできた。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
サウスアフリカのフィールダーズ登場、

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
イングランド側のバッツメンはCook(クック)とJennings(ジェニングス)。
最強打者を最初に持ってくる事が多いのだそうで、
クックは現在の最強打者だそう(配偶者氏談)。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
これは(多分)ジェニングス。
余談だけど、フィールドのローンにハゲ気味のパッチがあって、
多分そこにローンの種が撒かれているんだと思うけれど、
それをついばみに来る鳩たち。
テストマッチなんだから、邪魔しないようにね。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
これはサウスポーなので、きっとクック・・・だそう。
残念ながら、7ランを上げただけで、ウィケットを取られてアウト。
この黒いズボンで立っているのは、アンパイア。
以前は薬屋さんのような、白いコートを着ていたけれど、
近頃はブルゾンになったんだ・・・。

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
2時半を過ぎて、再び雨足が強くなったところで、
アンパイアが試合中断かどうか、相談して・・・、

England v South Africa 3rd Test Day 3 - 2017 @ Oval, London
そのまま中断。
観客は三々五々、下の屋台エリアで飲みはじめて、
下のフロアはもう、大盛り上がりの巨大パブ状態。
私たちはしばらく待ってみたけれど、そもそも天気予報でも
この後夜まで強い雨が続く・・・だったので、
3時過ぎには諦めて、ヴォクソールでお茶をして帰ってきた。

この日の試合は、プロが撮るとこうなる・・・。


その後、昨日の4日目にイングランドが再び313ランを加えて、ティータイムに「declare(デクレアー=申し立て)」をして、イニングスを終わらせる。これは、最初に書いた「時間切れで、10ウィケットが取れずに引き分けになる」ことを回避するために、もう充分ランをリードしたと、キャプテンが判断した場合、イニングス終了を「申し立て」できるというルールに沿っている。
そしてサウスアフリカ・バッツのイニングスに。
この後、5日目にかけて、サウスアフリカのElger(エルガー)が、センチュリー(100ラン)超えの136ランを出したそうで、大いに盛り上がった様子。
ところが、その後が続かず、最後はイングランドのアリが、Hat-trick(ハット・トリック)と呼ばれる、3投連続ウィケッツ(打者アウト)で、史上イングランド14人目のテストマッチ・ハットトリッカーになって、劇的に終了したのだそう。

天気はあいにくだったけれど、はじめてのクリケット観戦は、思ったより楽しかった。
まったりリラックスした感じと、試合の緊張感が両方交互に入り混じっていて、スイッチがオン・オフされる感覚がある。
イギリスならではの「肩の力の抜けた熱中」、まず他にそんなスポーツって、ないんじゃないかな?
いいお天気のイギリスの夏には、クリケットが必須なのもわかる気がする^^.。


それではまた、今度はノルマンディーの田舎より、標本箱発信です。




*************************
by KotomiCreations


Kotomiジュエリー - 東京・共同展示会のお知らせ。

DM-Ginza-Yumi-sept-2017

*************************

Etsy     Contrado     Flickr     Instagram


KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2




Friday, 28 July 2017

Carcavelos Beach(カルカヴェロス・ビーチ)

Etsyショップ:夏休みのお知らせ。
8月1日(火)~8月22日(火)の間、
Etsyショップは夏休みで、クローズになります。
よろしく、ご了承ください。


撮影仕事のポストプロセスも、ようやく終了して、後は荷物を詰めたり、ホリデー準備。
の、その前に明日は、はじめて、クリケットのテストマッチを観戦に行く。
クリケットどころか、スポーツを「観に行く」なんてことは、自分の人生にいまだかつてあったためしがない。
今回は、クリケット好きの配偶者氏に、弟氏よりバースデー・プレゼントで、イングランドVSサウス・アフリカのテストマッチのペア・チケットが送られてきた。なので、朝から2人して、Oval(オーヴァル)のスタジアムに出かける。
この、クリケットという、英連邦諸国でしか広まっていないゲーム、なんとも優雅なんだけれど、朝からはじめて、実質のゲーム時間は6時間、そこにランチタイムにティータイムが入って、9時~6時の8時間勤務状態で観戦するというしろもの。
なので、水にオヤツにカメラにクッション、モバイルも持って、なんだったら本か雑誌でも持っていこうか・・・という、ピクニック気分。
あいにく、3時頃から雨の予報で、雨具も持参。一体どうなることやら・・・。

今回の標本箱は、夏のロンドンより、ずっと熱くて夏らしかった、5月初頭のリスボン郊外、Carcavelos Beach(カルカヴェロス・ビーチ)のイメージを。


Cais do Sodre Station
全世界的にメーデー祭日だった5月1日、
何もかも閉まっているので、なすすべなく、ビーチに遊びに行くことにした。
リスボンから海といえば、Cascais(カスカイユ)が一番有名だけれど、
ここは観光激戦区なので、あえて避けて、
その手前、リスボンから14kmぐらい西に出た、
Carcavelos(カルカヴェロス)に向かうことにした。
鉄道のターミナルは、どちらに行くにも同じ、
Cais do Sodre(カイス・ド・ソドレ)駅から。

この駅、祭日だからか、いつでもそうなのか、
チケット窓口が2つしか開いていなくて、
そこにやはり、ビーチに行くしかなすすべない観光客が押しかけるものだから、
チケットを買うまで30分以上延々並ぶ。
今ひとつ券売機の使い方がわからないので
(そして、券売機にもかなりの人が並ぶ)、
ただひたすら、窓口に向かって並ぶ・・・。

On the train to Carcavelos
列車の本数は多いので(12分に一本走っている)、
その点は、多少待たされても焦ることはない。
はぼ、満員の列車は、タガス川沿いに西へ向かう。

Walking to the Beach
乗客は途中下車する人がほとんどいなかったので、
殆どの人が終点の、カスカイユに向かっていたのだろう。
私たちは、20分程度乗って、途中のカルカヴェロスで下車。
海岸に向かって、並木道を歩くこと10分程度。
グラフィティまみれの、ちょっとヤバそうな(笑)地下道をくぐると、
その先には、健全にビーチが開けている。

Carcavelos beach
全長1kmの、リスボン郊外では最長のビーチ。
砂浜、遠浅、大西洋なので波高、サーフィン・スクールもあって、
サーファー率高し。
午前中のまだまだ静かなビーチ。

Carcavelos beach
昼ごろには人出が増え始める。

Carcavelos Beach

Carcavelos beach
波もだんだん高くなってくる。

Carcavelos beach


Carcavelos beach


Carcavelos Beach


Carcavelos beach
サーフィンはしないけど、5才児に退行して、
波打ち際で遊ぶ配偶者氏。

Carcavelos beach
私の方は、波打ち際で撮影。

Carcavelos beach


Carcavelos beach


Carcavelos beach


Carcavelos beach


Beach picnic
昨夜たくさん作っておいたパスタとサラダを、
アパートにあった、タッパに詰め込んで、お弁当。

Carcavelos beach
帆船も通る・・・のは、観光用と思われる。

Carcavelos beach
午後に、同じ帆船が戻ってきた。

Carcavelos beach

Carcavelos beach

Carcavelos beach
そして、日は西に傾いていく。

Carcavelos beach

Carcavelos beach
一日ビーチで楽しく過ごしたのだけれど、
帰る頃には、唯一、日にあたっていた足の甲が丸焼けで、
パンパンに腫れ上がって、その後治るまで3週間かかった・・・
という難儀な日焼けになった話は、以前にも書いた通り。
今度ビーチに行くときは(そして裸足になるつもりなら・・・)、
ビーチソックスを持っていかねば、と学習したのだった(笑)。


Carcavelos Beach(カルカヴェロス・ビーチ)

Map:







*************************
by KotomiCreations


Kotomiジュエリー - 東京・共同展示会のお知らせ。

DM-Ginza-Yumi-sept-2017

*************************

Etsy     Contrado     Flickr     Instagram


KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2