Sunday, 26 April 2015

Holiday in Vienna - ヴィエナ・ホリデー

ヴィエナ(ウィーン)のホリデー・アパートのWifiが安定しているので、ホリデーまっただ中更新、というと、楽しそうだけど、いや、現実は今回はかなりトラブルなホリデー。
ホリデー1週間前の撮影中に、日差しがまぶしすぎて、テラスの段差が見えずに足を踏み外して左足首を捻挫。その後順調に回復して、杖をつきながら1km程度は問題なく歩けるようになったので、杖つきホリデー決行した。
ところが、着いた初日と2日目で歩きすぎたのと、高温夏日で、3日目からまた足が腫れ上がってしまって、万事休す。
幸いここのアパートのWifi状況がいので、Netでサーチして、レンタル車いすを借りだした。

覚書メモでここにも書いておくことに。
この>業者から、借りた。ちなみに1日7.25ユーロ、6日以上借りるなら、1ヶ月43.6ユーロの契約の方が安くなる。100ユーロのデポジットが必要。電話かEmailで問い合わせて(アパートのオーナーがドイツ語で電話してくれた)、予約をして(体重を尋ねられる)、<この>支店でピックアップするよう指示された。返却はどの支店でもOK。タクシーで空港近くの<この>支店に返却して、そのままタクシーで空港に向かうと便利、と、アドヴァイスされた。この間の移動はすべてタクシーを利用した。

配偶者氏に押してもらって、博物館はたいていバリア・フリーなので、これはこれでなかなかゴキゲン。
足の方も使いさえしなければ、そして風呂で温めたりしなければ(これをやってしまって、悪化させた・・・ともいう)、安定してきているので、ヤレヤレ・・・と思ったら、昼間と夕方の気温差が激しすぎで、配偶者氏が風邪気味でダウン。
日曜なので、のんびり休養日にあてることにして、配偶者氏は布団ごもり、私はNet三昧・・・なのだった。

写真を少しUPしたので、Vienna印象ということで。(アンドロイド写真やら、Photoshop入りのPCを持ってきていなくて、Net上のPixlrでプロセスしているので、いい加減な写真だけど。)

@ Heathrow
まだヴィエナでなくて、これはロンドン・ヒースローから離陸直前。

Flying to Vienna
飛んだー。
この日はめずらしく東向きの離陸で、
下に見えているのはFeltham(フェルサム)のあたりじゃないかなーと想像。
この後ハンプトン・コートやらウチのサービトンも見えた。

Arrived to Vienna
ヴィエナの空港もヒースローと同じぐらい、都心部から離れている。
足を痛めていたので、選択の余地なくタクシーを予約<この業者>。
その窓から、いかにもコンチネンタルな建物装飾。
ブラジル大使館か領事館だと思う。

A drink
まずは、ビールの配偶者氏。

Vienna - street
アパート近くの建物の、
超Secession(セセッション=「ウィーン分離派」が日本語では定着してるのかな)な装飾。

Secession - Vienna
セセッションといえば、このセセッション・ビルディングから、
2分ぐらい歩いたところに滞在している。

Secession - Vienna
その正面。
地下でクリムトのベートーヴェン・フリーズが公開されている。
残念ながら撮影禁止なので、建物の外観のみ撮った。

Vienna - street
ゲートの装飾ばかり撮っている。

Vienna - street
モーツァルト博物館の近くの路地。

Naschmarkt-Vienna
これまた徒歩2分のところが、Naschmarkt(ナッシュマークト)、
巨大食品市場+ビストロ街。
食材はトルコ(か、北アフリカ?)のものが多い。
野菜は(多分)地中海で育ったものが入ってきているんだと思う。
野菜の味が濃くて、とても美味しい。
UKのひ弱な野菜たちと、ずいぶん味が違う。

Naschmarkt-Vienna
同じマーケットの通りの先の駐車場エリアが、
土曜はブロカン+ガラクタ市になる。
これは楽しみにしてたのだけれど、激夏日だったので、
かろうじて一回り見て回っただけで、退散。
この段階でもう車いすなので、人混んでくると動きがとれなくなるし・・・。

MAK - Vienna
MAKこと、The Museum of Applied Arts(装飾博物館)。
セセッション好きの配偶者氏の行きたがっていたところ。
装飾美術なので、私内優先順位も高い。
で、杖をついて見まわりすぎて、炎症がぶり返した・・・。

Vienna - Osterreichisches (Folklore Museum)
Osterreichischesと呼ばれる、フォークロア博物館。
ここは車いすを借りだした店に比較的近いので、
車いすを押してもらって、見に行った。
なんだか、マイナーな博物館ばっかりで、
私内優先順位No1の「宝物館」に全然たどり着けてない。

Domkirche St. Stephan - Vienna
観光激戦区Stephansdom(ステファンスドム)。
ここにたどり着いたものの、少し中は見たものの、
ここの宝物館も4:30PMだったので、時間切れで入れなかった。
もう一度行きたいと思っているが・・・さてどうなることか?

Stadpark - Vienna
その帰りに通ったStadpark(スタッドパーク)。
池の鴨が、オモチャのようなチビ雛を大量に連れている。
気温は昼間の日向の30度越しから、15度以下にすでに下がっていて、
ここで長居して、配偶者氏風邪気味。

Holiday on a wheelchair
前代未聞の車いすホリデー in Vienna。
Lobmeyr Glass Museumにて)
さて、どうなることやら・・・お楽しみに(笑)。








Monday, 20 April 2015

Sutton House (サトン・ハウス) -2-

東ロンドン、ハックニーにある、ナショナル・トラストSutton House(サトン・ハウス、サットン・ハウスともカナ表記される)から、引き続き18世紀以降の部屋のイメージを。

Sutton House, Hackney, London,
前回のGreat Hallから、左ウィングの部屋に入っていく。

Sutton House, Hackney, London,
このダークな色調に壁紙、というのは、19世紀の部屋を再現したもの。

Sutton House, Hackney, London,
その部屋の上だったか・・・下だったか、ちょっと忘れたけど、
これは18世紀の様式で、壁がすべてペイントのパネリングで覆われている。

Sutton House, Hackney, London,
家具はチッピンデール風。

Sutton House, Hackney, London,
当時のトレンドはシノワズリなので、少し中国風。

Sutton House, Hackney, London,
地下に降りると、セラー(酒蔵庫)。

Sutton House, Hackney, London,
部屋の入口の上部の飾りに使われたかと思われる、
ホップを彫刻した、オーク材ビームが展示されている。

Sutton House, Hackney, London,
地下の一部は、チャペルにも使われていた。

Sutton House, Hackney, London,
古いものではなくて、1914年の文字が見えるので、
ここが聖職者の住居に使われていた、20世紀初期のものと。

Sutton House, Hackney, London,
ちなみにここ、ホーンテッド(幽霊付)なのだそう。
光が入りにくくて空気が流れないところは、
どこでも「ホーンテッド」してるかも、黴みたいなもので・・・(笑)。

Sutton House, Hackney, London,
空気の流れのいい、中庭に出て、
そこから・・・、

Sutton House, Hackney, London,
キッチンに入る。

Sutton House, Hackney, London,
チューダー期のキッチンに修復されている。

Sutton House, Hackney, London,

Sutton House, Hackney, London,
機能上やむなくインストールされている水道は、20世紀初頭風。

Sutton House, Hackney, London,
キッチンから中庭を見たところ。

Sutton House, Hackney, London,
建物の奥には、昔は庭が広がっていたはず。
現在は学校の敷地。
ぶどう棚の下を歩く配偶者氏。

Sutton House, Hackney, London,
建物の右側にかろうじて、「庭」的なる空間が残されている。
真ん中にいる2階建てキャラヴァンも庭プロジェクトの一部で、

Sutton House, Hackney, London,
中は19世紀初頭を模して作られている・・・、
というまぁ、エクレクティックなアート作品。
The House of Fairytales(おとぎ話の家)と呼ばれているらしい。
企画制作はランドスケープ・デザイナーのDaniel Lobb。
<詳細はこのページより>
も・・もしかすると、常設ではなくて、
2014年の夏シーズンだけだったのかもしれない。

Sutton House, Hackney, London,
ところでこのバスト、アンティヌーだよね。

Sutton House, Hackney, London,
天井はこんな風。

Sutton House, Hackney, London,



Sutton House (サトン・ハウス)
2 and 4 Homerton High Street, Hackney, London, E9 6JQ

公開情報は<このページ
Google地図は<このページ


さてさて、明後日から我家はホリデーで、今年はヴィエナ(ウィーン)に一週間滞在することに。 なので、しばらく標本箱はお休みモード。 5月にまた覗いてみてくださいね~。








Friday, 17 April 2015

Sutton House (サトン・ハウス) -1-

今回から2階にわたって、ロンドンはイーストエンドにあるナショナル・トラストの建造物、Sutton House(サトン・ハウス、サットン・ハウスともカナ表記される)のイメージを。

この屋敷はチューダー期、1535年に、ヘンリー8世の筆頭秘書官だったSir Ralph Sadleir(ラルフ・サドラー卿)によって建てられた、当時珍しいレンガ造りの住居。 ロンドンの街のまっただ中、近頃のトレンドの中心イースト・エンドのHackney(ハックニー)に未だに現存している。 
その後様々な商人の屋敷、船の船長の屋敷、ユグノー居住者の絹製造元の住宅件工房、男子学校、聖職者の住居などなどに転用されてきた。 1930年代にナショナル・トラストが購入したものの、戦時の消防隊施設に使用されたり、戦後は科学技術関連の組合に貸し出されていた。この組合が退出した後の80年代には、不況下のロンドンで、顧みられることなく荒廃し、スクワッター(不法住人)に占拠されて、ライヴ・ハウスになったり、サブ・カルチャーのセンターにもなっていた。 スクワッターが立ち退かされた後も、住人のいなくなった建物は一段と荒廃の一途をたどるが、1987年にサトン・ハウス救済キャンペーンが始まり、1993年に修復が完了、1994年から全面的に一般公開されている。

Sutton House, Hackney, London,
その外観。
チューダー的な左右にウィングのある「コ」字型の建物なのだけれど、
(英語では「コ」はないので、H型と称される)、
後年左右に分割されて、別のオーナーのものとなる。
18世紀に左のウィング側のオーナーが、
ファサードを当時のトレンド、スタッコ塗りにしてしまったので、
なんとも奇妙な外観になっている。
入口も左右二箇所に設けられたが、元々は左側のみ。
現在はオリジナルの左側が入口。
当時としては豪華な屋敷だけれど、すこぶる賢明なラルフ卿は、
ウルジー枢機卿のように、ヘンリー8世の反感を買うほどの
大屋敷にはしなかったのだ・・・と言われている。

Sutton House, Hackney, London,
入口を入ってすぐ左側、つまり、スタッコ塗りの方のウィングの部屋。
現在はカフェ・エリアに使われているが、
外観同様に18世紀ジョージアン期のインテリアに修復されている。

Sutton House, Hackney, London,
西の果てのウチから、東のハックニーに、遠路(?)たどり着いて、
まずはお茶で休憩。

Sutton House, Hackney, London,
しかし、ここの見ものは、右側のウィング。

Sutton House, Hackney, London,
21世紀のロンドンのまっただ中に現存する・・・、
16世紀チューダー朝のオーク材パネルの部屋。

Sutton House, Hackney, London,
そしてオリジナルの暖炉。

Sutton House, Hackney, London,
このパターンは、
Linen Fold(リネン・フォルド=リネン襞)と呼ばれるもの。

Sutton House, Hackney, London,
修復の段階で、現存するオーク材パネルの下に、
同様のリネン・フォルド柄に描かれた壁が発見された。
建造当初は、パネリングではなくて、
壁画装飾されていて、後年、一段と裕福になった折に、
オーク材パネルを付け加えたたのではないかと考えられている。

Sutton House, Hackney, London,
暖炉の鋳物のバックプレートはオリジナルのもので、
ラルフ・サドラー卿の頭文字、R.Sが記されている。

Sutton House, Hackney, London,
現在廊下にあたる部分から、中庭に面した窓。
同時代のハンプトン・コートを思わせる。
ところで、ラルフ卿、このハックニーの自宅から、
西の果て、ヘンリー8世のハンプトン・コート・パレスに
通勤してたのかなぁ? 現代でもそれ、遠いと思う(笑)。
ちなみにここは彼のロンドンの家で、
本領地はヘレフォードシャーにあったのだそう。

Sutton House, Hackney, London,
階段周辺に壁画が発見された。

Sutton House, Hackney, London,
イギリスではチューダー様式。
とはいうものの、ヨーロッパ・スタンダードでいえば、
ルネッサンス様式の、典型も、典型。

Sutton House, Hackney, London,
教科書のように正統なルネッサンス様式の装飾。

Sutton House, Hackney, London,
部屋の入口の横に描かれた、サポーターも、
職場・ハンプトンコートを連想させる。

Sutton House, Hackney, London,
この部屋は、先ほどのリネン・フォルド・パネリングの部屋の、上階にあたる。

Sutton House, Hackney, London,
下階よりはシンプルなパネリングに、
床にはペインティングで装飾されている。
まだカーペットななかった時代の、床装飾の一例。

Sutton House, Hackney, London,
この部屋の暖炉のバックパネルには、J.M. 1550 と記されている。
これは誰を意味するのかは、調べがつかなかった。
ラルフ卿は長寿で、メアリー女王の反動政治期も、
中央政治からは引退したものの、ヘレフォードシャーの所領は維持し、
エリザベス1世君臨後は中央政治に復活した。
1550年はちょうどこのメアリー女王の治世下、
ヘレフォードシャーに蟄居していた時期なので、
それと関連しているのかも?

Sutton House, Hackney, London,
その隣の部屋、ちょうど両ウイングの真ん中に当たる上階部分が、
Great Hall(大広間)。

Sutton House, Hackney, London,
そのサドラー卿・・・かと思ったら、
孫で同名のラルフ・サドラーの肖像画説が真相の様。
<資料はこのページ

Sutton House, Hackney, London,
ホールの反対側の壁にかかるのは、17世紀なカップルの肖像画。
子孫のSir Edwyn Sadleir <資料はこのページ>と、
奥方のLady Sadleir<資料はこのページ>。
Mary Beale(メアリー・ビール)という、イギリスで初めて記録に残る、
プロフェッショナルの女性画家の手になるもの。

Sutton House, Hackney, London,
グレート・ホールの暖炉。

Sutton House, Hackney, London,
16世紀建造当初のグレート・ホールの想像図。
床はタイル張りで、カーペットの代わりに
イグサ編みのマットレスが敷かれたり、
藁を床に敷いて保温・消臭・汚れ防止にしていた。

Sutton House, Hackney, London,
元々はこんな風であったという、イラスト。

Sutton House, Hackney, London,
建造当初の地域のイメージ・ジオラマ。


次回もサトン・ハウスから、後年のスタイルの部屋を。


Sutton House (サトン・ハウス)
2 and 4 Homerton High Street, Hackney, London, E9 6JQ

公開情報は<このページ
Google地図は<このページ