Monday, 26 August 2019

Le Chateau social life 2019 (ル・シャトー 2019 社交編)

ロンドンは、再び30度越しの夏日が復活。
8月最後の祭日月曜日(Summer Bank Holiday)があるので、3連休の週末、みんなどこかに(たぶん海?)でかけていて、ジムも近所のスーパーもどことなく空いている。
私の方は、ル・シャトーから帰ってきても、前回も書いていたように、家やら庭のメンテに奔走中。ついでに写真載せてしまうよ全く・・・。

2019-08-25_07-06-02
ペイントの完成した共同玄関ポーチのBefore-After。
ポーチを塗り替えようとしたら、下の木材ほとんど腐ってました(泣)。
大工さんが新しい材木を継ぎ足して修復。(下の横木が腐りにくいように、少しデザインも変えた。)
私のホリデー滞在中の工事だったので、下地ペイントだけ塗っといてもらって、雨を防いで、帰ってきて、天候が安定したので即上塗装を入れた。
木地の修復と下地ペイントだけなので、£600で請け負ってもらった。
上塗り塗料代は下のフラットが、私は労働力(特殊技能と呼んでもらおうか・・・笑)を提供。
近頃は、水性の耐天候性に優れたペイントがあって、とても塗りやすいし、乾くのも速くて、仕事がはかどった。
今日最後の、塗り残しやら、床のタイル目地の穴を埋めて、最終的に完成。
これで、最低10年は持ってもらいたいものだわ。

Garden waste clearance

Garden waste clearance
近所から苦情が出て、庭の伐採に取り掛かった結果、莫大な量の切りがらが出た。
太い枝が混じっているので、自治体も処理を受け付けてくれないことが判明。
これ、ル・シャトーなら、3回ぐらいの焚き火で、難なく燃やしてしまえるのだけれど、(これの倍位燃やしたぞ、私ら。)田舎で4へクタールの敷地に住んでいるわけではないので、(そして、下の住人が喘息持ち・・・)手っ取り早く、回収業者に処理してもらった。
それでも一度ではトラックに乗り切らず、2回(2日)に分けての回収で、£300。
このあとまだ9月に、プロの伐採業者が入って、10m越しの木を2本、剪定してもらう予定になっている。

2019-08-25_08-01-54
この隣のフェンスに沿って、地面に敷いたのがバーク・マルチング。
本来は木の皮なんだけれども、予算があるので、贅沢はいっておられず安いのを買ったら、粉砕した材木やら、もちろんバークもだけれど、とにかく色々混ざってて、でも消毒されているので、有害な菌や雑草の種などは入っていない・・・という程度のもの。
これをフェンス沿いに敷いて、雑草やアイビーが「出てきにくい」ようにする。それでも出てくるので、それはむしる。
こうしておけば、隣のフェンスをアイビーで痛めて、弁償させられそうになることもあるまいと・・・。
ウチの庭は長い長いので、結果的に700リッターのバークを、今の所敷いた。あと約300リッターは、伐採業者が入るのを待って、その後片付いたら、その伐採した木の近くのフェンス沿いにも敷く予定。

このなんにも生えてない(暗すぎて何も育たなかった)一帯は、これから耕して土質を改良して、半日陰だけれどボーダーガーデンにする予定。
あーぁまだまだ、時間と労力と、そして、お金がかかるんだなー。と、言いつつも、ちょっとガーデン・デザインに興味がわきつつある今日このごろ(笑)。



閑話休題で、ル・シャトー話へ。今回は「社交編」で、お呼ばれしたり、ル・シャトー・パーティーの時の様子を。


2019-07-26_08-13-39
デコレーターのアランさん邸に、ランチに呼ばれた時の話は、
7月29日のエントリーに書いてしまったので、ここでは割愛して、
その時に一緒だった、ティエリー氏のコテージに、
お茶に呼ばれた時の様子から。


IMG_20190804_172305
昨年パリの仕事をリタイアして、
夏の家だったノルマンディーのコテージに、
本格的に引っ越してきたティエリー氏は、
コテージを大改装中。

IMG_20190804_171215
屋根裏がちゃんと部屋になっていたり、
コテージの方の進捗も色々あるのだけれど、
庭がすっかり変わってしまった。
以前はウチと同じぐらい鬱蒼とした林状態だったのが、
キレイサッパリ伐採されて、明るく広々している。
その上池まで導入。

IMG_20190804_171403
中には金魚が何匹もいて、グレイのはペーター、
赤と黒の派手なのがKotomiで、Danaさんのは、
「いたけど死んじゃった。」だそうで、ひどい~(笑)。
じゃぁ、というので、「赤に白いフリルの子が私。」って勝手に決めてたけれど、
「その子は男の子だよ。」って(笑)。
しかし、金魚のオスメスって、どうやって見分けるんだろうかねぇ~?

IMG_20190804_171309-01
「あれが、ペーターな。」「う~む。」

IMG_20190804_185454-01
それでも、まだまだアイビーを茂らせとるねぇ。

IMG_20190804_170931-01
前の畑のコーンが、異様に背が高くなっていて、
「ワシより高い。」と思わず畑に入るPおじさん。



IMG_20190807_134139-01

Town House
のオーナー、フィオナさんのノルマンディーのお宅に、ランチにお呼ばれした。

IMG_20190807_134755-01
ポークのローストが美味しすぎ。
自家製チャツネもとてもよくあっている。
フィオナさんのお宅に呼ばれると、決まってイギリス式の、
ローストをごちそうになる。
イギリス式というのは、シンプルなローストに、
グレービーソース+チャツネ/フルーツソースという組み合わせ。
自分で好きなように味を調節して食べるのが、イギリス式。
フランス式はクリームソース系が多くて、
出てきた段階ですでに味付けは完成されている。
塩コショウを足す程度にしか、「自由」の余地はない。
管理平等社会と自由個人主義の違いが、
料理にも現れているようで、実に面白い。
私はもちろん、勝手な味付けの、自由個人主義ですが(笑)。

IMG_20190807_134200
その、チャツネとフルーツソースの入っている、
アンティークの青絵器。

IMG_20190807_160259-01
食後は庭を案内してもらった。
桃がいくつか見事な実をつけていた。
ノルマンディーの夏の果物といえば、メインが桃。
一方イギリスの夏は苺を始めとした、ベリー類。
苺が大好物なのだけれど、ノルマンディーでは
美味しいのにあたったためしがない。
こんなに気候が似ているのに、不思議ー。
それとも、消費者のテイストなのかな。

IMG_20190807_163218-01
この横にある納屋は、ダンナ様のクリフさんの実験室。
というのは、リタイア後の趣味のサイダー作りのための部屋。
今年もまた、見学させてもらった。



その次にお呼ばれしたのが、
建築家フレッドと、ヴァンサンのシャトー。
といっても、今の所ほとんど廃墟。

IMG_20190809_193354
16世紀のシャトーは、本来はコの字型をしていて、
その中央部分はもう残されておらず、
両側の張り出し部分が残っている。

IMG_20190809_200523
そして、オリジナルのお堀に囲まれている。

IMG_20190809_193631
隣に農場が併設されているのだけれど、
これがまた見事な廃墟っぷり。

IMG_20190809_193834
プレソワ(りんご絞り用の納屋)だったところ。
りんご絞り機の残骸が壁際に残されている。

IMG_20190809_195244-01

IMG_20190809_200832

2019-08-25_10-58-15
なにしろリスティド(歴史的重要建造物指定)されているので、
例えば、このゲートに連なる並木道を整備するだけでも、
重要建造物保存協会の認可を得なければならない。
だからといって、資本を援助してくれるわけではなくて、
それこそ時間とお金がかかることこの上ない。
「一生かけてのプロジェクト、猫みたいに九生かかりかねない・・・。」
とフレッドは笑っているけれど、
シャトーに取り憑かれたといってもいいくらい。
親しいティエリー氏も、Pおじさんも、
「これはたいへんなことやぞ。」としか感想が出ないという状態。

IMG_20190809_201139-01
シャトー側も、このシャトーが売りに出る前に、
最後に住んでいた管理人のおばあさんの暮らしていた、
2室だけが部屋の状態をとどめているのだそうで、
それでも電気がまだ通っていない。
そのとなり側の階段を上がる。

IMG_20190809_201209-01
その上のかろうじて修復された応接室が、
今夜のために準備されていた。

IMG_20190809_201954-01
フレッド氏とPおじさん。

IMG_20190809_222339
日が落ちると、キャンドルを灯す。
考えてみたら、18世紀はまさしくこんな様子だったわけで、
もっとも18世紀に忠実な環境ということになる。

ここはぜひまた来夏も呼んでいただきたい。
そして、毎年何がどう進展していくのか、
ぜひ見ていきたいものだ。



IMG_20190810_141022
一方、ル・シャトー夏恒例のパーティーが準備中。

IMG_20190810_141037
今年は私達は庭仕事、
パーティーの準備は、Pおじさん一人で、
ゆっくり時間をかけて準備していた。

IMG_20190810_152454-01

IMG_20190810_152431-01
エキジビションルームもセッティングができていた。
昨年までフレアのデリに、
大半の料理をオーダーしていたのだけれど、
去年は来る人が予定より減って、料理が大量に余り、
猛暑ですぐに腐らせてしまって、
たくさん捨てざるを得なかった・・・ということがあって、
今年は、基本みんなで持ち寄り。
メインディッシュだけを、
別の村のおじさんお気に入りの肉屋に発注して、
サラダやケーキはおじさんが作っていた。
(ロンドンのトレンド最先端、
オトレンギのレシピブックからサラダを作る!!)

IMG_20190811_091446-01
じゃぁ、私達も例年以上に、
寿司作りに力を入れてみようではないか、
というので、寿司のり20枚をロンドンから持ち込む。
スシノコはDanaさんが日本から買ってきて、
米と具はフレアのスーパーで調達。
前夜に材料はすべてカットしておいて、
当日朝から、寿司工場業務開始。

IMG_20190811_103542
中身はハムだったり、チーズだったり、カニカマだったり、
かなり邪道なんだけれど、とにかく太巻きをガンガン巻く。

IMG_20190811_122557-01
できました。
手前はベジタリアン/ヴィーガン巻、奥が普通巻、
トータル120個以上の出来上がり。

IMG_20190811_130015
自分たちで作っておいて、自画絶賛に美味しかった。
わずか20個程度残っただけで、ゲストにも大好評。

IMG_20190811_130953

IMG_20190811_135108

IMG_20190811_135122

IMG_20190811_173059-01
ここでやっと 盗んできた 借りている麦わらロールが活躍。

で、この段階で、隣の畑からは、
すべての麦わらロールが回収されてしまっていて、
今更返却するわけにもいかなくなり、
人目につかないテニス用バーンの前に
転がしておく・・・という結果に(笑)。
盗んでんねやん。
いや、来年の麦わらロールに紛れ込ませて、返却予定なのかな。

次回は、ル・シャトーだよりの最終回で、
私達のなんていうことなない、滞在の日常のイメージを。


*************************


IMG-6053

IMG-6055

今年もまた、バッグ作家の石丸思さんの作品展に、
Kotomiジュエリー日本代理店のべべズアンティーク・
小関由美
さん経由で、参加させていただきます。

石丸 思 バッグ展Ⅴ
〜 新しい時代/Kotomi ジュエリーと共に 〜

9月11日(水)〜15(日) 12時〜18時
(最終日16日は16時まで)

ぎおん石 銀座店
〒104-0061 中央区銀座5丁目6-5 すずらん通り


Kotomiジュエリーを、実際に手にとって、
身につけてみていただける機会です。
お時間あれば、ぜひ御覧くださいね。





*************************

by KotomiCreations


Etsy     Contrado     Flickr     Instagram


KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2




Thursday, 22 August 2019

Le Chateau 2019 (今年のル・シャトー 2019)

ウチに帰ってきたら、さっそく、大工さんに修理してもらった共同玄関のポーチ(ひどく木が腐っていて、私の特技のフィリングでも構造的に追いつかなかったので、共同で修理を発注していた)の上塗装をやったり、庭木の大量の伐採材を、処理業者に発注して処理してもらったり、1000リッター越しのバーク・マルチング材を買ってデリバリーしてもらって、庭のフェンス沿いに(フェンスの)メンテナンス・パスを作ったり・・・って、ル・シャトーのお手伝いと何ら変わりない、ハンディマン業務に勤しんでおります。
近頃ジュエリーも作れてないし、撮影もやってないし、どうやらクリエイター引退して、ハンディマンに転職予定かも(笑)。

そんな近況なのだけれど、標本箱は今回は今年のル・シャトーのイメージを。
毎年見てもらっている方には、あぁ、また今年も同じ・・・と思われるかもしれないけど、変わらないでいるうちが「華」なので、今年も載せますよ^^。

20190803200520_IMG_8706-01
ル・シャトーの正面、開いている窓は、
Pおじさんの近頃の(夏の間の)寝室。
お昼寝から起き出してきたおじさんが、
おぼろげに写っている。

IMG_20190729_100246-01
上の写真の正面から、左手に回り込むと勝手口がある。
アネックスからはこの入口が近いので、
私達が出入りするのはいつでもこの入口から。

IMG_20190813_104207-01
勝手口を入ったところ。

IMG_20190804_095437-01
建物の横の勝手口から入って、
リヴィング/ダイニングの部屋に入る途中の廊下。

IMG_20190803_090920
ル・シャトーの日常。
ダイニングテーブルは、手紙やら書類やら新聞でいつもいっぱい。

1564246536712
Danaさん撮影)
なので、みんなで食事・お茶する時は、
いつでもこのガーデンルームで。
プシャは膝の上に乗りたい・・・というより、
「ここ、僕の椅子なんだけどっ」と訴えているということが、
後ほど判明(笑)。

IMG_20190807_123319
そのダイニングテーブルが、ある朝きれいに片付けられて、
クロスがかかって、大皿が準備されていた。
これは毎年恒例の夏のパーティーの準備。
いつでもお手伝いに駆り出されるのだけれど、
今年は私達がそれ以外のガーデニングを、
色々手伝っていたので、
パーティーの準備は1週間近くかけて、
おじさんが一人で少しずつ準備していた。
このパーティーの話は、また次回にでも。

IMG_20190811_173233-01
正面玄関。

IMG_20190807_110154-01
正面玄関を入ったところ。
このシーンも、一体何度雑誌に取り上げられたことだろうか。
おじさんの帽子の隣の、花のついた麦わら帽子は、
おじさんの仲良しのおばさまフレンド、グラダおばさまのもの。
ユトレヒトとノルマンディーで離れ離れになってしまったけれど、
もう40年以上のお付き合いだそうで、
今でもほとんど毎日電話でおしゃべりしている。
おばさまと電話しているときのおじさんはとても幸せそう。
ちょうど火曜日から、お嬢さん夫婦の車で、
おばさまがやってきて、みんなでル・シャトーに滞在している。
騒々しい私達が帰った後、一人好きのおじさんも、
さすがに歳のせいか、ちょっと寂しそうなことを言っていたけれど、
今はまた、もっと楽しい時間を過ごしているようで安心した。

IMG_20190729_124516-01
正面玄関を左手に入ると、リヴィング/ダイニング。
反対側、右手の奥は作品の展示室。
リヴィング/ダイニングの窓辺のこの椅子に座って、
庭を眺めながら、Ipadを開けて、
インスタのページを繰っているのが、
近ごろのおじさんの日課。

IMG_20190729_124541-01
リヴィング/ダイニングの一角。

IMG_20190729_124609-01
リヴィング/ダイニングの窓に沿って、
また奥に冬の寝室と図書室がつながっている。
ル・シャトーは18世紀の建物なので、
本来廊下はなくて、部屋と部屋がつながっている。

IMG_20190803_090936
冬の寝室の一角。

IMG_20190803_091417
のこの、謎のオブジェ(金箔を封じ込めた、ハンドルの付いたボトル)
をインスタに載せたら、これは静電気発電導体<こんなもの
の一種だと指摘したアンティーク・マニアの人がいてびっくり。

2019-08-06_10-18-17
その横の愛らしいジーザス。

IMG_20190807_123809
なにげに、でもちゃんとディスプレイになっている。

IMG_20190803_091118
おじさんの箱アートは、ル・シャトーがやっぱり、
一番マッチしているな。

IMG_20190803_091019
図書室の一角。

IMG_20190803_090957


IMG_20190803_091103-01
窓際。

IMG_20190803_091036
奥の方の図書室。

IMG_20190731_080358-01
キッチンの花は、だいたい一週間に一回入れ替える。
すべて庭から切ってくる。
今回はDanaさんが1回、私が2回花生けを担当。

IMG_20190810_182035-01
これはパーティーのときのもの。

IMG_20190731_105740-01
正面入口から入って階段を上がる。

IMG_20190731_105712-01
途中何やらオブジェが増えている。
いつか箱アートの材料になるんだろうか。

IMG_20190731_105550-01
二階の材料倉庫の手前に飾られた、
リネンのシャツ。その上に・・・、

IMG_20190731_105608-01
掛けられているのは、昨年、
以前のル・シャトーのオーナーから贈られた、
1980年代おじさんが引っ越してくる以前の
ル・シャトーの航空写真。
(当時ドローンなんてないので、どうやって撮ったんだろうね。)
ル・シャトーが、まだバリバリ現役の農場だった頃のもの。
前の庭には水を組み上がるポンプが、
私達が焚き火をよくしているエリアは、菜園だった。

IMG_20190731_105629-01
もう何度も撮っているけれど、愛らしい小瓶たち。

IMG_20190731_105531-01
材料室の中も、なにげにディスプレイ。

IMG_20190731_105411-01
どこで見つけたのか、よれよれになった紙箱達。
紙の上に現代アート風(?)に並べられていた。

IMG_20190731_105512-01
その横に最近入手したと思われる
(以前見たことのない)デルフトのタイル達。

次回もまた、ル・シャトー滞在の様子を。





*************************


IMG-6053

IMG-6055

今年もまた、バッグ作家の石丸思さんの作品展に、
Kotomiジュエリー日本代理店のべべズアンティーク・
小関由美
さん経由で、参加させていただきます。

石丸 思 バッグ展Ⅴ
〜 新しい時代/Kotomi ジュエリーと共に 〜

9月11日(水)〜15(日) 12時〜18時
(最終日16日は16時まで)

ぎおん石 銀座店
〒104-0061 中央区銀座5丁目6-5 すずらん通り


Kotomiジュエリーを、実際に手にとって、
身につけてみていただける機会です。
お時間あれば、ぜひ御覧くださいね。


*************************

by KotomiCreations


Etsy     Contrado     Flickr     Instagram


KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2