Thursday, 9 July 2020

Palazzo Fortuny, Venice(パラッツォ・フォルチュニ、ヴェニス)-3-

ヴェニスのPalazzo Fortuny(パラッツォ・フォルチュニ)から、引き続き今回が最終回。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
前回最後に写真を載せたバルコニーからの眺め。
壁を覆う藤は、とても素敵なのだけれど、
家や庭を所有・管理する側の立場でみると、
建物痛みそうで、ちょっと怖い(笑)。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
ゴシック窓を横目に階段を上がる。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
メインの常設展示の上階
(日本でいうところの3階)は、
企画展(あるいは、ヴィエンナーレ関連の展示)
に使われていて、壁自体は修復途中の様子。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
この一角に展示されている、
建築ミニチュア模型がよくできている。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
この、コラムの林立するデザインの濃厚さに感嘆。

これは、18世紀初期の建築家Gerolamo Frigimelica Robertiが、
ヴェニスから20km弱、本土内陸に入った、
StraにあるVilla Pisani(ピサニ宮)建造ために
描いたプレゼンテーションを基にしてつくられたもの。
残念ながら、このデザインは複雑すぎて採用されず、
もっとシンプルでネオクラシカルなスタイルが採用された。
これは確かに、16-17世紀ルネッサンス-バロックを受け継ぐ
とても「ヴェネチア」的な様式だと思う。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
建物の裏面、つまり、庭園に面した側のファサード。
遠い目をして、現実の建造物を夢見たりする(笑)。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
展示室の壁の修復の様子。
多分・・・想像だけれど、下のフレスコ壁画は、
15世紀 Pesaro家が、ここを建造した時のオリジナル。
17-18世紀頃にその上を、スタッコで塗り込めて、
当時のスタイルの装飾を施した。
プツプツ穴が開けられているのは、
その上塗りスタッコを保持するための「荒らし」の工程かと。
それを現在、もう一度オリジナル・フレスコに
修復していく過程だと思う。
あ~、気の遠くなるような作業・・・。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
このフロアにも、一部フォルチュニの
テキスタイル・デザインの原画が展示されている。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2


Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
このフロアには、フォルチュニの
書斎、というか資料室が設けられている。
ここは開放公開されてはいないけれど、
ガラス越しに覗き込む。
棚に収められた大判の書籍は、
きっとテキスタイル関連の資料に違いない。
どんな画材を使ってたのだろうか・・・とか、
興味が尽きなくて、マジマジ覗き込む。

このフロアから、もう一度階段を上がって、
最上階の展示室へ。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
ここは、ひとつづきの大きな、
屋根裏スタジオになっていて、
入ってすぐのエリアはワークショップや、
資料を閲覧できるエリア。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
その先には、フォルチュニの、
テキスタイルに関する展示がまとめられている。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2


Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
フォルチュニの時代も、このフロアは、
実際にファブリックのプリント・スタジオだったのだそう。
この建物はアトリエ/ワークショップ/ショールーム/サロン
として使われていたので、
いわゆる「お屋敷ミュージアム」と違って、
ベッドルームなど生活の部屋がある
(公開されている)わけではない。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
部屋の端にある(登れない)螺旋階段で、
この上に屋根にアクセスできる
本当の「屋根裏」があることがわかる。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
このフロアは、窓からの眺めも素晴らしい。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
原画とブロックプリント。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
さまざまなブロックプリント。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
ドレスのパターンと、
プリント位置を指定したデザイン画。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
なんだか、とてもたまらなく
ビザンティンなのだけれど(笑)。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
このデザインも、まんまビザンティン‼

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
ウチもカーテンこんなのにしたかったけれど、
さすがにブロックプリントにまで
手を出すことはできず・・・(笑)。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
濃厚な展示の後は、
ショップで現在も生産されている
フォルチュニ・プロダクツが販売されている。
いや・・・お値段も素晴らしくて、見ていただけでしたが(笑)。

2019年のヴェニスシリーズ、次回も続きます。





Palazzo Fortuny(パラッツォ・フォルチュニ)

Map:









*************************

by KotomiCreations


Etsy     Contrado     Flickr     Instagram


KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2




Saturday, 4 July 2020

Palazzo Fortuny, Venice(パラッツォ・フォルチュニ、ヴェニス)-2-

ヴェニスのPalazzo Fortuny(パラッツォ・フォルチュニ)から引き続き今回も。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
最初に入った、広いホールの展示室、
その奥にも明るい光の差す展示室がある。
(ほとんど見逃しそうになった。)

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
この一連の部屋は、
マリアノ・フォルチュニのアトリエという形で、
ステージ・デザインに関連した展示が続く。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
ステージデザインの枠を超えて、
壁画・天井画のレベルがこなせるんだと納得。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2


Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2


Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2


Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2


Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
画材の備品を収納する移動型のシェルフ。
とても使い勝手よくデザインされている。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
これはコロセアム型のシアターの模型。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
そこに天幕と舞台照明をインストールするための
デザイン模型ということのよう。
舞台照明も数々デザインしていたそうで、
美的センス、デッサン力のみならず、
科学的能力も兼ね備えていた。
そこが「ダ・ヴィンチ」になぞらえられるのだろうな。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
他にもいろいろな、ステージデザインの模型が
展示されている。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
このミニチュア模型では、ステージのライティングで、
同じ背景の時間を変えるシステムを見せている。
現代だと、普通に使われているテクニークだけれど、
彼がその開発者だったのだろう。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
科学脳の持ち主は、当時のハイテクにも敏感。
写真家でもあり、カメラも色々コレクションしていた。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
ここでもう一度、広いホールの展示室に出てきて、
その先の展示の部屋へ。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
「デルフォス」ドレスを始めとする、
ファッション/ドレスの展示はこの部屋に。
「デルフォス」ドレスはイッセイ・ミヤケの
プリーツ・シリーズの先駆者だったのか・・・(笑)。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
絵画やインテリアと合わせて、
そのドレスが息づいていた空間を感じさせる展示。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2


Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2


Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2


Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
隣の小さな部屋にも、ドレスの展示は続く。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2


Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
このキャビネットの中には、
様々な資料が詰められている。
ジャポニズム(日本趣味)の時代でもあるので、
日本の織物もコレクションされている。

Fortuny Museum - Venice trip - Sept 2019- Day2
暗くて濃厚な展示室から、
一度爽やかなバルコニーに出て、一息つく。

この後、まだ上階にと展示は続きますよ。




Palazzo Fortuny(パラッツォ・フォルチュニ)

Map:















*************************

by KotomiCreations


Etsy     Contrado     Flickr     Instagram


KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2